メインメニューを開く

大城戸 三治(おおきど さんじ、1891年明治24年)4月28日[1][2] - 1962年昭和37年)3月22日[1][注 1])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴編集

兵庫県出身[1][2][3]。農業・大城戸卯市の三男として生まれる[1]。柏原中学校(現兵庫県立柏原高等学校)卒業を経て、1913年(大正2年)5月、陸軍士官学校(25期)を卒業[1][2][3]。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第40連隊付となる[1][3]。1924年(大正13年)11月、陸軍大学校(36期)を優等で卒業[1][2][3]

1925年(大正14年)1月、歩兵第40連隊中隊長となり、参謀本部付勤務(支那班)、参謀本部員、参謀本部付(支那研究員)を務め、1930年(昭和5年)12月から1931(昭和6年)11月まで陸大で専攻学生として学んだ[1]。その後、陸大教官兼参謀本部員、参謀本部員(支那課)、参謀本部付、陸軍省軍務局課員(軍事課)、歩兵第34連隊付などを務め、1936年(昭和11年)8月、歩兵大佐に進級し第3師団司令部付となる[1][2][3]。参謀本部付(南京駐在)を経て、1937年(昭和12年)8月、北支那方面軍参謀に発令され日中戦争に出征[1][2][3]。1938年(昭和13年)7月、歩兵第76連隊長に転じ張鼓峰事件に出動した[1][2][3]。1939年(昭和14年)3月、陸軍少将に進み歩兵第29旅団長に就任して宜昌作戦などに参戦した[1][2][3]

1940年(昭和15年)8月、陸軍省人事局功績調査部長に転じ、1941年(昭和16年)11月、陸軍中将に昇進[1][2][3]。1942年(昭和17年)3月、第22師団長に親補され、中国での作戦、警備に従事[1][2][3]。同年11月、北支那方面軍参謀長に転じ、1944年(昭和19年)10月、憲兵司令官に就任した[1][2][3]。1945年(昭和20年)8月、重謹慎20日の処分を受け、同月20日、東部軍付となり、同年11月、予備役に編入された[1][2][3]

その後、中部軍管区中部憲兵隊が捕虜の米軍搭乗員を処刑した事件によりBC級戦犯容疑で逮捕され、1945年(昭和20年)8月、終身刑の判決を受け、1958年(昭和33年)4月に仮釈放となった[1][4]

親族編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『日本陸軍将官辞典』142頁では3月23日。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『日本陸海軍総合事典』第2版、34頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本陸軍将官辞典』142頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』328-330頁。
  4. ^ 『BC級戦犯裁判』141頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 林博史『BC級戦犯裁判』岩波書店〈岩波新書〉新赤版952、2005年。ISBN 4-00-430952-2