大塚・歳勝土遺跡

大塚・歳勝土遺跡(おおつか・さいかちどいせき)は、神奈川県横浜市都筑区港北ニュータウン内)にある弥生時代中期の遺跡。国の史跡

大塚・歳勝土遺跡公園
Otsuka-Saikachido Archeological Park
Otsuka-Saikachido Site, Otsuka Site, gaikan-2.jpg
大塚遺跡 環濠集落
Otsuka-Saikachido Site, Saikachudo Site, gaikan.jpg
歳勝土遺跡 方形周溝墓群
分類 都市公園(歴史公園)
所在地
日本
座標 北緯35度33分5.1秒 東経139度34分50.0秒 / 北緯35.551417度 東経139.580556度 / 35.551417; 139.580556座標: 北緯35度33分5.1秒 東経139度34分50.0秒 / 北緯35.551417度 東経139.580556度 / 35.551417; 139.580556
面積 54,640m2
開園 1996年3月25日
運営者 横浜市
公式サイト 大塚・歳勝土遺跡公園
(横浜市歴史博物館)
テンプレートを表示
大塚・ 歳勝土遺跡の位置(神奈川県内)
大塚・ 歳勝土遺跡
大塚・
歳勝土遺跡
位置

概要編集

1972年昭和47年)に港北ニュータウンの開発に伴う事前の発掘調査で存在が明らかとなる。大塚遺跡は高台に作られた弥生時代中期の環濠集落であることが確認された。歳勝土遺跡では、大塚遺跡の環濠とその周囲に広がる土塁に近接した一帯から方形周溝墓[1]が発見されて、年代的にも同時代であることが確かめられ、環濠集落(大塚遺跡)に住んだ人びとの墓地であることが明らかになった。

弥生時代の大規模な環濠集落が完全な形で発掘されたのは極めて稀有な例である[2]

両遺跡の全体像が明らかになった結果、居住域と墓域が一体的に把握できる貴重な遺跡であるとして残存部分が1986年昭和61年)1月31日に国の史跡に指定された。

現在、歳勝土遺跡と大塚遺跡の東側3分の1の面積にあたる約33,000平方メートルが保存されている。大塚遺跡の中央部及び西側は開発によって高台ごと削り取られてしまい、消滅した。

大塚遺跡で発見された遺構のうち竪穴住居址27軒を保存(うち7軒を復元)し、高床式倉庫と考えられる掘立柱建物は検出された10棟のうち1棟を復元、また、環濠を長さ250メートルの範囲で復元し保存している。歳勝土遺跡は、発見された遺構25基の方形周溝墓を保存し、うち5基を復元して保存している。

現在は、史跡周辺を歴史体験施設「大塚・歳勝土遺跡公園」として横浜市歴史博物館とともに一体的に整備し、保存と活用を図っている。

大塚遺跡では約90棟の竪穴住居跡と、10棟の高床式倉庫跡が発見された。また、炭化米やモモの種子なども出土した。[3]

文化財編集

国の史跡編集

  • 大塚・歳勝土遺跡 - 1986年(昭和61年)1月31日指定[4]

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 弥生時代から古墳時代にかけての墓の形態。
  2. ^ 犬木努「大塚・歳勝土遺跡」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9)P36-37
  3. ^ 黒田日出男監修、帝国書院編集部編『図説 日本史通覧』帝国書院、2014年、32ページ
  4. ^ 大塚・歳勝土遺跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁

関連項目編集

外部リンク編集