大岡 忠吉(おおおか ただよし)は、江戸時代初期の旗本。官位は従五位下・美濃守。旗本・大岡忠右衛門忠政の四男。相模国高座郡高田村の地頭大岡忠相の曽祖父。大岡忠光の高祖父。

 
大岡忠吉
時代 江戸時代初期
生誕 天正15年(1587年
死没 明暦2年4月16日1656年5月10日
別名 兵蔵(通称)、忠葦
墓所 神奈川県茅ヶ崎市浄見寺
官位 従五位下・美濃
幕府 江戸幕府 女院
主君 徳川秀忠家光
氏族 大岡氏
父母 大岡忠政
兄弟 忠俊忠行忠世忠吉
加納久利の娘
忠章三浦吉明忠宗忠房戸田政次室、石野広重
テンプレートを表示

生涯編集

慶長8年(1603年)、16歳の時に将軍家に拝謁して、翌慶長8年(1603年)には父・大岡忠政から、相模国高座郡高田村に160余石の所領を分与された。

慶長18年(1613年)、幕府よりさらに飛び地として、相模国鎌倉郡手広村を与えられる。

慶長19年(1614年)、大坂の陣では幕府方に従軍。寛永3年(1626年)には所領は1500石となる。その後、所領は2300石までなった。

寛永10年(1633年)、女院付となり、2代将軍・秀忠の娘・東福門院(徳川和子)に近習した。のち従五位下・美濃守に叙任される。この際、飛び地として山城国相楽郡へ300石加増された。

明暦2年4月16日1656年5月10日))に死去。享年70。嫡男の忠章が跡を継ぎ、2000石の旗本となった。

他に次男の吉明は三浦を称し2000石の旗本となった。四男の忠房には300石を分け与え、のち岩槻大岡家の祖となった。また水戸藩徳川治保は忠吉の血[1]を引いている。

脚注編集

  1. ^ 大岡忠吉―女子(石野広重室)―石野広次―広高―榊原篤郷―智仙院―徳川治保