メインメニューを開く

大岡 忠愛(おおおか ただよし)は、三河国西大平藩第6代藩主。大岡忠世家8代当主。

 
大岡忠愛
Oooka Tadayoshi.jpg
時代 江戸時代後期
生誕 文化4年(1807年
死没 安政4年10月5日1857年11月21日
改名 相太郎(幼名)、忠愛
墓所 窓月山浄見寺
官位 従五位下紀伊守、越前守
幕府 江戸幕府 日光祭礼奉行、大坂加番、
大番頭、大坂在番、奏者番
三河国西大平藩
氏族 大岡氏
父母 大岡忠移増山正賢の娘
兄弟 忠愛忠敬ほか
松平忠翼の娘・操子[1]
養子:忠敬
テンプレートを表示

文化4年(1807年)、西大平藩第5代藩主大岡忠移の長男として生まれる。文政11年(1828年)に忠移の隠居により家督を相続する。文政12年(1829年)に日光祭礼奉行、天保2年(1831年)に大坂加番、天保8年(1837年)に大番頭、天保14年(1843年)に大坂在番と歴任し、嘉永5年(1852年)に奏者番に就任する。また第12代将軍徳川家慶の鹿狩御用掛を務めた。安政4年(1857年)10月5日に死去した。享年51。家督は養子で実弟の忠敬が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 『華族家系大成』