メインメニューを開く

大岡忠恒

大岡 忠恒(おおおか ただつね)は、三河国西大平藩第3代藩主。大岡忠相の孫。大岡忠宜の次男。大岡忠世家5代藩主。

 
大岡忠恒
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦元年(1751年
死没 天明6年3月17日1786年4月15日
改名 竜助(幼名)、忠恒
別名 忠統[1]
墓所 窓月山浄見寺
官位 従五位下越前守美濃守能登守
幕府 江戸幕府 日光祭礼奉行
三河国西大平藩
氏族 大岡氏
父母 大岡忠宜小瀬氏
兄弟 忠豫忠恒
毛利広豊の娘と婚約
秀三郎[2]忠移忠挙(政吉)、
養子:忠與小笠原氏
養女:大岡忠宜の娘(大岡忠與室)

経歴編集

明和2年(1765年)に兄の忠豫が廃嫡された後、翌明和3年(1766年)に父・忠宜から家督を譲られ、15歳で大岡家を相続する。従五位下越前守に叙任する。

播磨国安志藩第2代藩主・小笠原長逵の四男・忠與を養子とし、大岡忠與と名乗らせる。明和6年(1769年)4月、日光祭礼奉行を勤め、天明4年(1784年)に病により隠居して忠與に家督を継がせた。天明4(1784年)、美濃守に転任し、翌天明5年(1785年)に更に能登守に転任する。天明6年(1786年)に死去した。享年36。

脚注編集