メインメニューを開く

小笠原 長逵(おがさわら ながみち)は、播磨安志藩の第2代藩主。忠脩系小笠原家7代。

 
小笠原 長逵
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 正徳3年2月15日1713年3月11日
死没 明和7年8月18日1770年10月6日
別名 総次郎
戒名 天寧宗祐景雲院
墓所 兵庫県姫路市安富町安志の大雄山法性寺
官位 従五位下、信濃
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
播磨安志藩
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原忠基、母:松室氏
養父:小笠原長興
兄弟 長逵忠総
正室小笠原長円の娘(小笠原長興の養女)
側室:小林氏
男子、長為忠苗大岡忠與政宣(五男)、娘(水野勝起継室)、女子

生涯編集

正徳3年(1713年2月15日小笠原氏本家の豊前小倉藩第3代主・小笠原忠基の次男として小倉で生まれる。

享保15年(1730年6月、子の無い初代安志藩主・小笠原長興の養子となり、12月11日に長興が隠居したため、その跡を継いだ。12月18日には叙任する。長興は妹を養女とし、長逵に正室として娶らせている。

藩政においては、宝暦5年(1755年)に無償もしくは有償で生活に困窮する百姓を助ける「夫食付方仕法」という共済制度を定めている。これは幕府が天明5年(1785年)に定めたものと同様の法律で、長逵は30年前から実施したのである。

明和7年(1770年8月18日に死去した。享年58。跡を次男・長為が継いだ。