メインメニューを開く

大岡忠與

大岡 忠與(おおおか ただとも)は、三河西大平藩第4代藩主。大岡忠世家6代当主。

 
大岡忠與
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦9年(1759年[1]又は宝暦4年(1754年)[2]又は宝暦5年(1755年)[3]
死没 天明6年10月17日1786年11月7日
改名 匡之丞(幼名)、小笠原忠與、大岡忠與
別名 忠右衛門、忠与
戒名 顕誉性本完達院
完達院顕誉自覚性本[4]
墓所 窓月山浄見寺
官位 従五位下越前守
幕府 江戸幕府
三河国西大平藩
氏族 源姓小笠原氏藤原姓大岡氏
父母 父:小笠原長逵、母:小林氏
養父:大岡忠恒
兄弟 長為忠苗政宣、忠與
女子(水野勝起継室)
正室:大岡忠恒の養女(大岡忠宜の娘)
養子:忠移

宝暦9年(1759年)、播磨安志藩第2代藩主・小笠原長逵の四男として生まれる。

西大平藩第3代藩主・大岡忠恒の養女を娶り、その養子として迎えられ、天明4年(1784年)に忠恒の隠居により家督を譲られる。同年、10代将軍徳川家治御目見して従五位下越前守に叙任するが、その2年後の天明6年(1786年)に死去した。享年29。

忠與には男児がおらず、家督は忠恒の次男・忠移が養子として継いだ。

脚注編集

  1. ^ 寛政重修諸家譜
  2. ^ 『家譜』
  3. ^ 系図纂要
  4. ^ 『家譜』、『系図纂要』