水野 勝起(みずの かつおき)は、江戸時代中期の大名下総国結城藩の第5代藩主。水野宗家10代。

 
水野勝起
時代 江戸時代中期
生誕 延享2年11月29日1745年12月21日
死没 天明3年4月12日1783年5月12日
改名 太郎次郎・鍋五郎(幼名)、勝起
戒名 保徳院仁雄英智
墓所 東京都港区三田の常林寺
官位 従五位下、下野守、日向
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
下総国結城藩
氏族 水野氏
父母 水野勝前:遠藤氏
兄弟 勝起勝盈正衡
正室松平忠名の娘
継室小笠原長逵の娘
娘(大岡忠移正室)
養子勝剛
テンプレートを表示

生涯編集

延享2年(1745年)11月29日、第4代主・水野勝前の長男として結城で生まれる。

宝暦12年(1762年)に従五位下、下野守に叙位・任官し、宝暦13年(1763年)、勝前の隠居にともなって家督を継ぎ、日向守に遷任する。

天明3年(1783年)4月12日に江戸赤坂で死去した。享年39。跡を養嗣子の勝剛が継いだ。