メインメニューを開く

大慈恩寺(だいじおんじ)は、千葉県成田市吉岡にある真言宗智山派の寺院。山号は雲富山。院号は池光院。本尊は釈迦如来

大慈恩寺
所在地 千葉県成田市吉岡183-1
山号 雲富山
院号 池光院
宗旨 新義真言宗
宗派 真言宗智山派
本尊 釋迦如來
創建年 761年天平宝字5年)
開山 鑑真
中興年 鎌倉時代後期
中興 大須賀氏
正式名 雲富山池光院大慈恩寺
テンプレートを表示

目次

由緒編集

761年天平宝字5年)鑑真によって創建されたと伝えられ、当初は慈恩寺と称していた。鎌倉時代後期、千葉氏の一族である大須賀氏により中興され、以降大須賀氏に尊崇された。室町時代初期の1341年暦応4年)、足利直義安国寺利生塔を建立した[1]1391年明徳2年)後小松天皇から「大」の一字を賜わり慈恩寺から大慈恩寺と改められた。同年鎌倉公方足利氏満から武蔵六郷保大森郷を寄進される[2]応永11年(1404年)江戸蒲田氏により寺領を横領されたため[3]足利満兼から安堵を受ける[4]。応永24年(1417年金井氏の乱入を受け武蔵守護代長尾忠政の安堵を受け[5]、応永33年(1426年)下総守護千葉兼胤[6]永享2年(1430年)兼胤の子千葉胤直の安堵を受けた[7]

江戸時代には江戸幕府から朱印状が与えられていた。足利直義が建立した利生塔を元禄16年(1703年)に再建した。1902年明治35年)に暴風により倒壊、現在は礎石のみ残存し、成田市の史跡に指定されている。

文化財編集

  • 県指定有形文化財
  • 市指定文化財
  • 市指定史跡

所在地編集

脚注編集

  1. ^ 『大日本史料』第6編6冊780頁。「大慈恩寺文書」
  2. ^ 『史料総覧』第6編907冊204頁。「大慈恩寺文書」
  3. ^ 『大日本史料』第7編6冊791頁。「大慈恩寺文書」
  4. ^ 『大日本史料』第7編7冊365頁。「大慈恩寺文書」
  5. ^ 『大日本史料』第7編27冊249頁。「大慈恩寺文書」
  6. ^ 『史料総覧』第7編907冊528頁。「大慈恩寺文書」
  7. ^ 『史料総覧』第7編907冊694頁。「大慈恩寺文書」

参考文献編集

外部リンク編集