メインメニューを開く

大日本帝国憲法第2条

大日本帝国憲法第2条は、大日本帝国憲法第1章にある。皇位が、皇室典範の定めに従って、皇統に属する男系男子によって継承されることを規定したものと解されている。慣習法として続いてきた男系による皇位継承成文法で定めたのは律令時代以来この条文が初めてである。

目次

条文編集

皇位ハ皇室典範ノ定ムル所ニ依リ皇男子孫之ヲ継承ス

現代口語訳編集

皇位は、皇室典範の定めるところにより、天皇の男系男子が、これを継承する。

解説編集

現代の感覚からすると、皇位継承を成文法で定めるという意味から帝国議会が皇位に関与できるようにも見えるがそうではない。旧憲法下では皇室自律主義を採り、皇室典範は法律ではなく、大日本帝国憲法と同等の地位を有する法典とされた。そのため、典範の改正・増補等には帝国憲法の機関たる帝国議会の関与は不要だったのである(大日本帝国憲法第74条第1項に明文の規定がある)。「皇男子孫」の意味については、憲法義解によると「祖宗の皇統における男系の男子」を意味するものとされている。すなわち、男系であることと男子であることの双方が憲法上定められていると解されているのである。なお、日本国憲法にも「皇室典範の定めるところにより」という文言は出てくるが、男系ないし男子であることを定める文言はない。日本国憲法下で皇位継承が男系男子によるのは、法律である皇室典範の規定によるものである。

参照編集