大木 雅夫(おおき まさお、1931年2月19日 - 2018年10月1日)は、日本の法学者聖学院大学客員教授上智大学名誉教授。専門は比較法学、法思想史、法哲学法学博士東京大学、1958年)(学位論文「比較法思想の歴史的展開 -比較法学の根本問題-」)。福島県出身[1]神学者学校法人聖学院理事長大木英夫は実兄。

2018年10月1日、拡張型心筋症のため死去[2]。87歳没。

盗作問題編集

2004年中央大学法学部教授の木下毅が自著の盗作をしていると指摘。その結果木下の著書は回収された。

学歴編集

職歴編集

学会活動等編集

受賞編集

著書編集

単著編集

  • 『日本人の法観念 西洋的法観念との比較』東京大学出版会 1983
  • 『比較法講義』東京大学出版会 1992
  • 『資本主義法と社会主義法』有斐閣 (上智大学法学叢書) 1992
  • 『異文化の法律家』有信堂高文社 1992

共編著編集

  • 『多層的ヨーロッパ統合と法』中村民雄 聖学院大学出版会 2008

翻訳編集

  • W・リップマン『ヨーロッパの政治と経済』ダイヤモンド社 1963
  • K.ツヴァイゲルト,H.ケッツ『比較法概論 私法の領域における 原論』東京大学出版会 1974
  • H.シュロッサー『近世私法史要論』有信堂高文社 1993

記念論集編集

  • 『比較法学の課題と展望 大木雅夫先生古稀記念』滝澤正編集代表 信山社出版 2002

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.304
  2. ^ 大木雅夫氏死去(上智大名誉教授・比較法) 時事ドットコム、2018年10月4日

外部リンク編集