メインメニューを開く

大村御殿(おおむらうどぅん・うふむらうどぅん)は、尚質王の四男・尚弘才、北谷王子朝愛(1650年6月11日(順治7年5月13日) - 1719年12月11日(康煕58年11月1日))を元祖とする琉球王族第二尚氏の分家で、代々北谷間切(現:北谷町嘉手納町沖縄市の一部)の按司地頭を務めた琉球王国大名

大村御殿
家紋
右二つ巴
本姓 向氏第二尚氏
家祖 北谷王子朝愛
種別 琉球王族
出身地 琉球王国・首里
主な根拠地 琉球王国・首里
著名な人物 北谷王子朝愛、北谷王子朝騎
支流、分家 向氏冨盛殿内、向氏仲嶺家
凡例 / Category:日本の氏族

一世・朝愛は尚貞王摂政を17年間も務めた。朝愛に男子がいなかったため、尚益王の次男・尚徹が養子入りして二世・北谷王子朝騎となった。朝騎も尚敬王の摂政を18年間務め、また歌人としても知られている。

朝騎にも嗣子がなかったため、一世・朝愛の外曾孫にあたる名護御殿四世、名護按司朝宜の長男・朝永が養子入りして家督を継いだ。七世・朝春の時に琉球処分を迎えた。

沖縄に伝わる民話「耳切り坊主」では、黒金座主という妖僧を北谷王子が宝刀治金丸で斬殺したという。この北谷王子が一世・朝愛で、何代も跡継ぎの男子が生まれなかったのは耳切り坊主の祟りとされる。

系譜編集

  • 一世・尚弘才、北谷王子朝愛
  • 二世・尚徹、北谷王子朝騎(尚益王次男。朝愛の養子となる)
  • 三世・向允治、大村王子朝永(名護御殿四世・名護按司朝宜長男。朝騎に嗣子なきため、養子入り)
  • 四世・向元弼、大村按司朝計
  • 五世・大村按司朝庸
  • 六世・向崇徳、大村按司朝憲
  • 七世・大村按司朝春

参考文献編集

  • 沖縄県姓氏家系大辞典 編纂委員会編『沖縄県姓氏家系大辞典』 角川書店 1992年
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017
  • 比嘉朝進『士族門中家譜』球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702

関連項目編集