メインメニューを開く

大桑バイパス(おおくわ-)は、栃木県日光市を通る国道121号国道352号重複)のバイパスである。

一般国道
国道121号標識
大桑バイパス
国道121号バイパス
路線延長 3448m
開通年 1981年
道路の方角 南北
起点 栃木県日光市今市大谷向
終点 栃木県日光市大桑町砥川橋南
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

日光市の今市市街地から北上して大谷橋を渡ると、会津西街道を踏襲する旧道は大谷向交差点で右折して日光杉並木に囲まれた住宅地の中を通っていく片側一車線でカーブの多い道であった。また、国道461号との分岐点付近には東武鬼怒川線踏切があり、ボトルネックとなっていた。

日光杉並木の保全と通過交通の分散化を目的として計画されたのが本バイパスであり、バイパスは大谷向交差点からそのまま北上していく片側二車線の整備された道路で、途中交差する東武鬼怒川線を跨線橋で超えており、今市市街地の渋滞緩和や鬼怒川温泉へのアクセスルートとして機能している。

なお、旧道も国道121号の指定を受けている模様である。

目次

概要編集

  • 起点:栃木県日光市今市大谷向
  • 終点:栃木県日光市大桑町砥川橋南
  • 車線:全線片側2車線
  • 総延長:3448m
  • 開通年:1981年12月

交差する道路編集

沿線施設編集

参考文献編集

外部リンク編集