メインメニューを開く

大森 藤ノ(おおもり ふじの)は日本小説家ライトノベル作家女性。[要検証]

大森 藤ノ
職業 ライトノベル作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2013年 -
代表作ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
主な受賞歴
  • 第4回GA文庫大賞大賞(2012年)
    (『ファミリア・ミィス』)
  • 第2回ラノベ好き書店員大賞(2014年)
    (『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』)
  • 第2回SUGOI JAPAN Award(2016年)
    (『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』)
デビュー作 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』
テンプレートを表示

経歴編集

小説投稿サイト「Arcadia」に投稿していた『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』を『ファミリア・ミィス』に改題し、第4回GA文庫大賞に投稿。大賞を受賞したのち、タイトルを戻して書籍化してデビューした。

主な作品編集

ライトノベル編集

漫画原作編集

  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(漫画:九二枝、キャラクター原案:ヤスダスズヒト、『ヤングガンガン』、スクウェア・エニックス
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア(漫画:矢樹貴、キャラクター原案:はいむらきよたか/ヤスダスズヒト、『月刊ガンガンJOKER』、スクウェア・エニックス)