メインメニューを開く

大槻 文平(おおつき ぶんぺい、1903年9月27日 - 1992年8月9日)は、宮城県生まれの日本実業家三菱鉱業セメント社長、三菱鉱業会長、旧日経連(現経団連)会長を歴任した。宮城県名誉県民。

目次

略歴編集

宮城県立角田中学校東京帝国大学を出たあとに三菱入りし、三菱鉱業三菱鉱業セメントに所属した。財界の中心人物でもあった。木川田一隆は同郷で同窓だった。1990年、宮城県名誉県民になった[1]

主な著書編集

  • 「私の三菱昭和史」

関連項目編集

出典編集