メインメニューを開く

大河内 輝剛(おおこうち てるたけ、1855年1月16日安政元年11月28日) - 1909年明治42年)10月9日)は、日本の明治期の教育者、軍人、実業家、衆議院議員、歌舞伎座社長。勲六等。墓所は青山霊園。

経歴編集

高崎藩主・松平輝聴の次男として生まれる。1871年(明治4年)頃、藩士宮部譲らと共に脱藩し鹿児島に行こうとしたが、江戸で藩兵に捕らえられ、高崎に護送されて城外の威徳寺に幽閉される。1873年(明治6年)上京して慶應義塾に入り、そののち塾監教師となる。

1886年(明治19年)広島師範学校校長に任命され、1892年(明治25年)に日本郵船会社へ勤務。近藤廉平の代理として大本営の御用を務める。1896年(明治29年)イギリス、ドイツなどを視察。1902年(明治35年)に衆議院議員に当選(以後当選2回)。1906年歌舞伎座社長となるが、在任中に胃癌のため死去[1]

脚注編集

参考文献編集