メインメニューを開く

尺 振八(せき しんぱち、1839年9月16日天保10年8月9日) - 1886年明治19年)11月28日)は江戸時代末期から明治時代初期にかけての日本洋学者教育者。旧幕臣

尺 振八
Seki Shinpachi.jpg
誕生 (1839-09-16) 1839年9月16日天保10年8月9日
武蔵国江戸佐久間町(現・東京都千代田区神田佐久間町
死没 (1886-11-28) 1886年11月28日(47歳没)
静岡県賀茂郡熱海村(現・熱海市
墓地 青山霊園東京都港区
職業 英学者教育者官吏
国籍 日本の旗 日本
代表作 『斯氏教育論』(1880年)
子供 秀三郎(養子)
テンプレートを表示

来歴編集

江戸佐久間町(現・東京都千代田区神田佐久間町)生まれ。父は高岡藩医・鈴木伯寿。中浜万次郎西吉十郎に英語を学ぶ。文久元年(1861年)、幕府に出仕し、同年の文久遣欧使節福澤諭吉らと翻訳方として同行[1]、続いて文久3年(1863年)の横浜鎖港談判使節団[1]にも同行。明治元年(1868年)、神戸のアメリカ公使館で通詞を務め、江戸開城後は横浜に移り英語塾を開く傍ら、アメリカ公使館の通詞を務めた。この年の9月から11月の3ヶ月間、旧幕府軍脱走兵の伊庭八郎を横浜の自宅に匿っている。

明治3年(1870年)に共立学舎両国に創設した[2]。その後、共立学舎は、自由民権運動闘士の溜まり場と化したため、閉鎖された[注釈 1]。明治5年(1872年)に大蔵省に出仕し、翻訳局長となる。明治8年(1875年)に辞職し、英語教育に専念した。門下に島田三郎田口卯吉がいる。明治19年(1886年)、肺結核で死亡した。死に際して、結核を蔓延させないために遺品一切を焼却するよう遺言し、Rまで編集が進んでいた英語辞書の原稿もそれに従って焼却された。

ハーバート・スペンサーの著書を翻訳した『斯氏教育論』[3]の中で「sociology」の訳語として「社会学」という言葉を初めて使用した。

著作編集

著書・編書
  • 傍訓 英語韵礎』 須藤時一郎共述、共立学舎、1872年 OCLC 241298568
  • 明治 英和字典』 六合館、1885-1889年(8冊)
    • 『明治 英和字典』 六合館、1889年合冊
    • 『明治 英和字典』 ゆまに書房〈近代日本英学資料〉、1995年3月、ISBN 4896689119
訳書

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 夏目漱石成立学舎、共立学舎、進文学舎を「落第」で予備門(大学予備門の為の予備門)の代表例として紹介している。

出典編集

  1. ^ a b 「横浜鎖港使節・パリ万博使節他写真〈杉浦譲関係文書〉」、 doi:10.11501/8677899 国立国会図書館電子展示会「近代日本とフランス―憧れ、出会い、交流」より写真1点(尺振八・松浪権之丞田中廉太郎光儀・益田徳之進孝
  2. ^ 神辺靖光「私学の性格についての研究」、私学教育研究所、東京、1966年、 doi:10.11501/3032494全国書誌番号:67001063
  3. ^ 明治文化研究会, 編纂.「斯氏敎育論 スペンサー著 尺振八 譯(明治十三年)」『明治文化全集 (教育篇)』第18巻、日本評論社、東京、1967年、 415-455頁、 doi:10.11501/2940154全国書誌番号:51000494

関連文献編集

  • 海後宗臣 「斯氏教育論解題」(前掲 『明治文化全集 第十巻 教育篇』 ほか)
    • 海後宗臣著 『海後宗臣著作集 第七巻 日本教育史研究I』 東京書籍、1980年2月
  • 中根香亭「尺振八君の伊庭八郎を救ひたる始末」(『香亭遺文』、金港堂書籍、1916年)

外部リンク編集