メインメニューを開く

大滝 則忠(おおたき のりただ、1944年9月27日[1] - )は、日本図書館員。第15代国立国会図書館長2012年-2016年)。元東京農業大学教授。専門はアメリカ図書館史。 公益社団法人米沢有為会会長。2016年11月瑞宝重光章を受章。

おおたき のりただ
大滝 則忠
生誕 (1944-09-27) 1944年9月27日(75歳)
山形県東置賜郡川西町
出身校 東京教育大学文学部
職業 図書館員

経歴編集

山形県東置賜郡川西町玉庭御伊勢町に生まれる。川西町立玉庭小学校、川西町立玉庭中学校、山形県立米沢興譲館高等学校を経て、1964年、東京教育大学文学部社会科学科法律政治学専攻卒業。

1968年、国立国会図書館に入職。2001年、同館総務部長、2003年、同館副館長。2004年、同館を定年退職。2006年、東京農業大学教授に就任(2012年退職)。2011年、日本図書館協会理事(2012年退任)、2012年4月~2016年3月に国立国会図書館館長。2017年、米沢有為会会長に就任。

著作編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.253

参考文献編集

外部リンク編集