大田哲哉

日本の実業家

大田 哲哉(おおた てつや、1940年12月23日[1] - 2011年11月7日)は、日本の実業家広島電鉄代表取締役会長広島商工会議所会頭を務めた[2][3]

略歴編集

広島県広島市佐伯区出身[3]修道高等学校[4]神奈川大学工学部電気工学科卒業。

1963年3月、広島電鉄に入社し、以後、1991年6月、取締役1994年7月、常務取締役1995年5月、専務取締役を務める[1]

1996年4月から2010年6月まで、広島電鉄代表取締役社長を務め、超低床電車の導入や、2009年には契約社員の正社員化に取り組んだ。

2001年4月から4年間は、広島経済同友会代表幹事を務めた。

また、2007年11月、広島商工会議所会頭に就任。旧広島市民球場の跡地利用問題に関わり、2013年の全国菓子大博覧会の誘致を行った。2010年10月に退任を表明。2010年12月13日、広島ガス代表取締役会長の深山英樹が選出されるまで務めた。

2010年6月、広島電鉄代表取締役社長退任後は代表取締役会長に就任し、引き続き関連会社であるヒロデンプラザ、グリーンバーズ・ヒロデン、広電興産、交通会館、広電不動産の代表取締役社長や広電ストアの取締役を務めていた[1]

2011年6月、旭日中綬章 受章[3]

2011年11月7日、膵臓がんのため広島市中区の病院で死去。70歳没[2][3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 広島電鉄『第102期 有価証券報告書』
  2. ^ a b “大田哲哉氏が死去 広島電鉄会長”. 日本経済新聞. (2011年11月8日). http://www.nikkei.com/news/okuyami/article/g=96958A9C93819695E2EAE2E28B8DE2EAE3E3E0E2E3E39191E2E2E2E2;n=96948D819D998D9D99878B939F9B 2011年11月8日閲覧。 
  3. ^ a b c d “大田哲哉氏が死去、70歳 前広島商議所会頭・広電会長”. 中国新聞. (2011年11月8日). オリジナルの2011年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111108172716/http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201111080076.html 2011年11月8日閲覧。 
  4. ^ 修道中学校・修道高等学校「2010先輩からのメッセージ」2010年9頁

関連項目編集

先代:
奥窪央雄
広島電鉄社長
第7代:1996年 - 2010年
次代:
越智秀信