大石 定仲(おおいし さだなか)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将後北条氏の家臣。

 
大石定仲
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文3年11月16日1534年12月21日
死没 天正18年1月30日1590年3月6日[要検証]
官位 播磨守
主君 北条氏照
氏族 大石氏
父母 父:大石定久
兄弟 比佐(北条氏照正室)、定仲
養兄弟:北条氏照北条氏康三男)、
定勝
松田康定
直久
テンプレートを表示

略歴編集

大石氏は代々関東管領上杉氏重臣として武蔵国守護代を任されていた。

天文3年(1534年)、大石定久の子として誕生。父・定久は、没落した上杉氏に代わり、永禄2年(1559年)、台頭してきた北条氏康の三男・氏照を娘・比佐の婿養子として迎え入れて滝山城と武蔵守護代の座を譲り、多摩郡五日市の戸倉城に隠居し後北条氏に臣従した。

定仲は、父の没後に氏照が北条氏に復すると大石氏の家督を継ぎ、氏照の旗下の滝山衆となった。

天正18年(1590年1月30日[要検証]小田原征伐の直前に死去。