大石 直久(おおいし なおひさ)は、安土桃山時代武将後北条氏の家臣。武蔵国柏の城主。

 
大石直久
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
別名 源太郎
官位 越後守
主君 北条氏政氏直
氏族 大石氏
父母 父:大石定仲、母:松田康定
定長
テンプレートを表示

略歴編集

大石定仲の長男として誕生。

天正9年(1581年)、北条氏政の命により、駿河国獅子浜城代となる(「新編武蔵風土記稿」「北条五代記」)。天正11年3月、小田原征伐に際し獅子浜城を守備するが、小田原城開城後、獅子浜城は廃城となった。

参考文献編集

  • 大石氏の研究(杉山博道・栗原仲道著、名著出版、1975年)