メインメニューを開く
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
山形県道121号標識

大石田大橋(おおいしだおおはし)又は大橋(おおはし)は、山形県北村山郡大石田町に架かる

大石田大橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 山形県北村山郡大石田町
交差物件 最上川
座標 北緯38度35分11.2秒 東経140度22分25.8秒 / 北緯38.586444度 東経140.373833度 / 38.586444; 140.373833
構造諸元
形式 トラス橋[1]
全長 145.8m[2]
5.4m[3]
地図
大石田大橋の位置(山形県内)
大石田大橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

目次

概要編集

最上川に架かる橋で、右岸の大石田地区と左岸の横山地区を結んでいる[1]。上流側の虹の大橋(1989年完成)が開通されるまでは国道347号として機能していた[4]。現在は山形県道121号尾花沢大石田線となっている。車両が通ることができる橋であるが、幅は約5mほどしかなく、車線も引かれていない。

歴史編集

初代(1901年)編集

木製の木橋で、1901年架橋[5]。鉄道「官有鉄道奥羽南線」(現奥羽本線)の大石田部分の開通に合わせ建設された[6]

2代目(1930年)編集

現在使用されている橋で、1930年12月7日に開通[3]。木橋から鉄橋に変わった他、洪水時などの水位上昇を見据え、桁の位置を以前より上げて架け替えが行われた[2][3]鉄骨が橋脚の上に組まれているのが特徴。

1931年から現在も行われている大石田まつり及び最上川花火大会は2代目大石田大橋の完成を祝して創始されたものである[7]

周辺編集

大石田大橋付近を流れる最上川は大石田河岸として栄え、江戸時代は最上川最大の船着場であり、最上川舟運の中継河岸であった[8][9]。船着場は大橋から上流部すぐの朧気川合流点に存在した[10]1792年には川船方役所が大橋すぐ近くに設けられており、1872年まで機能した。大橋の北岸にはかつての大石田川岸を復元しようと、750mに及ぶ江戸時代の大石田川岸の風景が再現されており、川船方役所の大門や塀蔵が建設された[9]

最上川花火大会の当日は最上川に灯篭流しも行われ、大石田大橋の下流側には観覧席も設けられる[7]

関連項目編集

  • 斎藤茂吉 - 斎藤茂吉は大石田で晩年を過ごし、大石田大橋が散歩コースの一部であったとされる。大石田大橋でできた歌も存在するという[8][2]

脚注編集

  1. ^ a b 上空から見た川の様子 - 大石田大橋付近(大石田・横山)”. 最上川電子大辞典. 2017年5月2日閲覧。
  2. ^ a b c やまがた橋物語-最上川第2部【大橋(大石田)】|山形新聞”. 山形新聞. 2017年5月2日閲覧。
  3. ^ a b c 轍のあった道
  4. ^ やまがた橋物語-最上川第2部【虹の大橋(大石田)】|山形新聞”. 山形新聞. 2017年5月2日閲覧。
  5. ^ 256_anokoro.pdf (PDF) - あの頃の風景 おくの細道 第2回
  6. ^ 町の中心駅、大石田駅の開業も1901年である。
  7. ^ a b 2016posutaura.pdf (PDF)
  8. ^ a b 大石田河岸
  9. ^ a b 大石田資料写真と解説(2)
  10. ^ 上空から見た川の様子 - 大石田大橋付近”. 最上川電子大辞典. 2017年5月2日閲覧。