メインメニューを開く

大石 真(おおいし まこと、1925年12月8日 - 1990年9月4日)は、日本児童文学作家

目次

来歴・人物編集

埼玉県白子村(後に和光市へ合併)出身。

戦争を嫌い、兵役を逃れるために科学の道を志し、早稲田大学の理系学部に1945年入学、その後第一文学部英文学科に編入。早大童話会に入会し、坪田譲治のコネにより小峰書店で編集のアルバイトをしつつ、大学生活を送る。1951年7月「びわ実学校」の旗揚げに参加し、創作活動活動に専念。これら3団体の後輩に寺村輝夫がおり、童話会時代寺村の作品を初めて誉めたのは大石である。寺村によると「童話会では一番の読書家だが、字も一番汚かった」との事。大石と寺村はその後、生涯と通して親友となる。他に同会では今西祐行前川康男竹崎有斐と親交が深かった。

童話作家として一本立ちしてからは、東京都昭島市に長らく住む。

主な作品編集

大石真童話全集編集

 
和光市内循環バスのポンチョ「風信器号」

ポプラ社より1982年発売され、挿絵は村上豊が全巻担当。同時に「寺村輝夫童話全集」も発売され、巻末解説ではお互いが寄稿し合っている。現在絶版。

  1. 風信器 - 児童文学者協会新人賞受賞。また和光市ではゆかりの人物として、コミュニティバスである和光市内循環バスに2010年2月から、埼玉県立芸術総合高等学校の生徒2名がデザインした、「風信器号」のラッピングが施されている。
  2. 教室二〇五号 - 実写映画化されている。
  3. たたかいの人田中正造
  4. 街の赤ずきんたち
  5. チョコレート戦争 - 全国の小学校で幅広く読まれ、発売以来40年以上経つが、いまだに人気の作品である。
  6. ふしぎなつむじ風
  7. ひばり団地のテントウムシ
  8. ミス3年2組のたんじょう会
  9. のっぽビルのでぶくん
  10. 四年四組の風
  11. 駅長さんと青いシグナルおかあさんのたんじょう日
  12. てんぐ先生は1年生さとるのじてんしゃ - 『てんぐ先生』の作者は大石と次男の連名になっている。これは次男が小学校の宿題に提出した創作童話を、大石が書き直して商業出版したため。
  13. さあゆけ!ロボット
  14. わにのバンボ
  15. ペリカンとうさんのおみやげ
  16. もりたろうさんのじどうしゃ

北田卓史挿絵作品編集

その他編集

関連項目編集

  • 大海赫 - 大海の初刊行作『クロイヌ家具店』は、生原稿を読んだ大石が刊行に協力した。