メインメニューを開く

大神田 軍治(おおかんだ ぐんじ、1883年明治16年)7月30日[1] - 1943年昭和18年)1月24日)は、日本の政治家衆議院議員(2期)。

目次

経歴編集

神奈川県出身。芝区会議員、東京市会議員、同参事会員、同議長、東京府会議員、同参事会員、帝都復興委員長などを経て、1932年第18回衆議院議員総選挙で東京1区(当時)から立憲民政党公認で立候補して初当選。次の1936年第19回衆議院議員総選挙で落選した。1942年第21回衆議院議員総選挙では非推薦で立候補して当選。在職中の翌1943年に死去した。

栄典編集

著作編集

  • 『日本はどうなる』国策協会、1939年。
  • 『日本はどうなる』第2輯、国策協会、1941年。
  • 『世紀の決戦 : 日本はどう発展するか』五車貿易出版部、1942年。

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第六十八回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1935年、1頁。
  2. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。