メインメニューを開く

大蔵 平三(おおくら へいぞう、1853年1月30日嘉永5年12月21日[1][2]) - 1911年明治44年)8月25日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将男爵。旧姓・大野。

大蔵 平三
Okura Heizo.jpg
生誕 1853年1月30日
備中国
死没 (1911-08-25) 1911年8月25日(58歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1872年 - 1911年
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

岡山県出身[1]。医師・大野意俊の二男として生まれる。幼名は岡之介[3]。大蔵建安の養子となる[1]開成所中退を経て、1872年明治5年)、陸軍訳官(フランス語)となり、兵学寮12等出仕、同11等出仕、同10等出仕と昇進し、1875年(明治11年)8月、陸軍少尉に任官[1][4]1877年4月から9月まで西南戦争に出征し、1882年(明治15年)4月、陸軍騎兵大尉に昇進[1]陸軍大学校教授、参謀本部第2局員、陸大教官、騎兵第1大隊長を歴任[1][4]

1892年(明治25年)11月、陸軍省軍務局馬政課長となり、兼軍馬補充部本部長、騎兵課長、騎兵監などを経て、1898年(明治31年)3月、陸軍少将に進級[1][4]。軍馬補充部本部長を勤め、1904年(明治37年)10月、陸軍中将となり、1906年(明治39年)2月、休職[1][2][4]1911年春に胃癌に罹患し、療養していたが経過が良くなかったため[5]6月に待命となり、同年8月に死去した[1][4]

また、1907年(明治40年)9月21日、男爵を叙爵し華族となる[1]

1911年(明治44年)8月25日、死去[6]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本陸海軍総合事典』第2版、34頁。
  2. ^ a b c 『日本陸軍将官辞典』144頁。
  3. ^ 岡山県総社高等女学校々友会『郷土史』。国立国会図書館デジタルコレクション コマ27
  4. ^ a b c d e 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』31頁。
  5. ^ 新聞集成明治編年史. 第十四卷 p.459
  6. ^ 明治44年8月29日『官報』第8457号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ4
  7. ^ 『官報』第3521号「叙任及辞令」1895年3月29日。
  8. ^ 『官報』第4448号「叙任及辞令」1898年5月2日。
  9. ^ 『官報』第8456号「叙任及辞令」1911年8月28日。
  10. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  11. ^ 『官報』第3695号「叙任及辞令」1895年10月22日。
  12. ^ 『官報』第4029号・付録「辞令」1896年12月2日。
  13. ^ 『官報』第4754号「叙任及辞令」1899年5月10日。
  14. ^ 『官報』第6627号「叙任及辞令」1905年8月2日。
  15. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  16. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。

著書編集

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 官報


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
大蔵(平三)家初代
1907年 - 1911年
次代:
大蔵公望