大観覧車 (ウィーン)

大観覧車(だいかんらんしゃ、: Wiener Riesenrad)は、オーストリアウィーンレオポルトシュタット区プラーター公園にある観覧車。映画『第三の男』に登場したことで知られる。

大観覧車

概要編集

イギリスの退役海軍軍人ウォルター・B.バセット (Walter Basset Basset, 1864 - 1907) により1897年に、フランツ・ヨーゼフ1世 (オーストリア皇帝)の在位50年記念のために建設された。バセットはヨーロッパに4基の観覧車を建設したが、この観覧車はそのうち現存する唯一のもので、年次的にはイギリスのロンドンブラックプールに次ぐ3番目である。形状はかつてブラックプールに存在したものとほとんど同じである。

バセットは翌年フランスパリに当時世界最大の観覧車「グランド・ルー・ド・パリ」を建設するが、グランド・ルー・ド・パリが撤去されてからは、このプラーター公園の大観覧車が現役世界最大となった。1944年第二次世界大戦の戦火に焼かれ、戦後には撤去の声も上がったが、30あった客車を15に減らして輪への負担を少なくすることで耐え抜き、1981年神戸ポートピアランドに設置されたジャイアントホイール(現存せず)に抜かれるまで、半世紀以上現役世界最大の座を保持し続けた。ワゴンの数 15、全高 地上64,75m、ホイールの直径 60,96m(= 200フィート)、ホイールの外径 55,78m、ホイールの内径 49,68m、観覧車の軸 長さ10,78m、太さ0.5 m、16.3 t、ホイールの重量 244,85t、鉄構造物の総重量 430,05t、回転速度 0.75m/秒=2,7km/h。

2017年2月13日放送のNHK Eテレ旅するドイツ語』番組内にて、旅人(パーソナリティ)の一人スザンネ・シェアマンにより、ゴンドラの定員は20名であり、パーティの開催も可能(要予約)である事が明言された。なお、撮影当時のゴンドラ内は落書きで一杯であった。

参考文献編集

  • 福井優子『観覧車物語―110年の歴史をめぐる―』 平凡社、2005年、p119 - 128。ISBN 978-4582832518

関連項目編集

外部リンク編集

先代
グランド・ルー・ド・パリ
世界最大の観覧車
1920-1981
次代
ジャイアントホイール

座標: 北緯48度13分00秒 東経16度23分45秒 / 北緯48.2166505度 東経16.3959494度 / 48.2166505; 16.3959494