メインメニューを開く

大道寺 為久(だいどうじ ためひさ)は、江戸時代前期の弘前藩家老。

 
大道寺為久
時代 江戸時代前期
生誕 寛永2年(1625年
死没 延宝2年2月23日1674年3月30日
別名 宇左衛門、次郎市、隼人(通称
墓所 弘前市の耕春山宗徳寺
主君 津軽信義信政
陸奥弘前藩
氏族 津軽氏大道寺氏(隼人家)
父母 津軽信枚
大道寺直英
兄弟 津軽信義津軽信英津軽信隆
佐田信光津軽為盛為久津軽為節
乾安俊、富、梅、子々、松、古故ら9男4女と伝わる
大道寺直秀娘・喜久
繁清
テンプレートを表示

生涯編集

陸奥国弘前藩2代藩主・津軽信枚の七男(または十一男)として誕生。

重臣・大道寺直英の養子・直秀が急死したため、寛永17年(1640年)11月に直秀の娘の喜久を娶り、直英の婿養子となる。同時に弘前藩家老となり、家督と知行1000石を継いだ。のち1300石。

正保4年(1647年)、藩主・津軽信義の排斥事件(正保の騒動)に関わり、長兄・信義を排除し次兄・信英を擁立しようとした咎で、家禄没収の上で大俵村に蟄居させられた。万治3年(1660年)、許されて大道寺に復姓する。城番となり、寛文10年(1670年)には城代となる。

延宝2年(1674年)、城内の宴会で中毒死した。

嫡男・繁清が家禄と家老職を継いだ。

系譜編集

参考文献編集

  • 「青森県人名大事典」1969年、東奥日報社
  • 「青森県史」第1巻