メインメニューを開く

大野博士事件(おおのはくしじけん)とは、1923年3月に発覚した強姦堕胎未遂事件。

女子の性的無知につけこんだ卑劣な事件として当時のマスコミで大きく報道された。日本の学校教育における性教育に関する議論の端緒となった事件でもある。

目次

概要編集

横浜市本牧町の医学博士大野禧一(当時49歳)は、同市に住む小倉鎮之助(群馬電力社長)六女の哲子(18歳、女学生)に1922年8月から気管支できた疾患の治療を施していたが、性に関する哲子の無知につけ込み、「陰部が糜爛しており、胸部の疾患に影響するおそれがあるのでこれを治し、また月経を順調にするため陰部に座薬を挿入する必要がある」と虚偽の説明をおこない、同年12月下旬まで3回にわたり小倉家の治療室で密かに強姦を繰り返した。この結果、1923年1月、哲子は妊娠3ヶ月の身重となっていることが判明した。

これを隠蔽しようとした大野は、哲子の母親に「哲子さんに月経がないのはポリープのためなので治療を施す」と虚偽の説明をおこない、同年2月21日、2寸5分の針金を二重に折り曲げたものを哲子の陰部に挿入し堕胎を図ったがその夜、哲子は局部に激しい痛みを訴えそのまま寝込んでしまった。不審に思った両親が問い詰めると彼女は告白し一連の犯行が小倉家に露見。翌日、医師に診察され産婦人科で器具が取り出された。胎児や母体に影響はなかったが激怒した両親は弁護士に依頼し横浜地裁に告発した。事件が明るみに出ると新聞各紙は大野を非難し人々は激怒して自宅へ罵倒に押し掛け投石もした。大野は強姦ならびに堕胎未遂の容疑で逮捕され、横浜地裁で懲役6年の判決を受け二審、三審でも有罪。懲役三年の実刑が確定し服役した。

大野博士事件の直後には、作家の島田清次郎がファンの女学生を陵辱したとする「島清事件」が起こっており、大野博士事件は島清事件とともに当時のマスコミに大きく取り上げられた。女子の性的無知につけ込んだ事件の連続は、当時の学校・家庭において女子の性教育が行われていなかったが故に起こった事件とされ、女子の性教育の必要性、あるいはその是非に関する大きな議論に発展し、有識者や学校も巻き込んで新聞・雑誌上で盛んに議論が行われた。

備考編集

大野禧一は、熊本出身で、東京帝国大学卒業後、ドイツ留学を経て博士号を習得、事件当時は日本海員掖済会横浜主張所附属病院の院長を務めていた。老母と妻の三人暮らしで自宅でも診療を行っていた。

出典編集

  • 高田義一郎『近代犯罪科學全集1 犯罪と人生 變態性慾と犯罪』(武侠社、1929年)p.88
  • 『日本艶本大集成』(風俗資料出版社、1953年)p.13
  • 『大宅壮一選集』第10巻(筑摩書房、1960年)p.101
  • 黒田政之進『人権秘話―人権擁護委員の黒い報告書』(共栄書房、1966年)p.165
  • 小野常徳『アングラ昭和史: 世相裏の裏の秘事初公開』(南出版部、1981年)p.131
  • 川村邦光『オトメの身体: 女の近代とセクシュアリティ』(紀伊國屋書店、1994年)p.256
  • 前坂俊之(監修)、宮坂九郎(編集)『明治・大正・昭和歴史資料全集―犯罪篇〈下〉』(大空社、1999年)p.50
  • 風野春樹『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』(本の雑誌社、2013年)p.196
  • 太田恭子『大正期の「母親による性教育モデル」の形成』(人文学報 社会学(48)1-26)
  • 橋本玉泉『三面時事から見る 戦前のエロ事件』(彩図社、2015年)p.172-p.176

外部リンク編集

  • 大野博士事件『明治・大正・昭和歴史資料全集. 犯罪篇 下卷』有恒社、1932