メインメニューを開く

大野寺(おおのでら、おおのじ)は、奈良県宇陀市室生大野にある真言宗室生寺派の寺院である。山号は楊柳山、本尊弥勒菩薩開基役小角と伝える。室生寺の西の大門に位置する。宇陀川岸の自然岩に刻まれた彌勒磨崖仏があることで知られ、枝垂桜の名所としても知られる。役行者霊蹟札所

大野寺
Ono ji Magaibutsu.jpg
大野寺より見た宇陀川対岸の弥勒石仏
所在地 奈良県宇陀市室生大野1680
位置 北緯34度33分45.3秒
東経136度0分56.3秒
座標: 北緯34度33分45.3秒 東経136度0分56.3秒
山号 楊柳山
院号 慈尊院(旧称)
宗旨 法相宗新義真言宗
宗派 真言宗室生寺派
(もと法相宗興福寺別院宀一山室生寺
本尊 彌勒菩薩
創建年 不明、白鳳9年(681年
開基 不明、伝役小角
正式名 楊柳山大野寺
慈尊院彌勒寺(旧称)
札所等 大和北部八十八ヶ所霊場 第66番
文化財 弥勒磨崖仏(史跡
木造地蔵菩薩立像(重要文化財
法人番号 7150005004504
大野寺の位置(奈良県内)
大野寺
テンプレートを表示

歴史編集

 
弥勒磨崖仏(岩壁を光背形に彫り窪めた中に線刻されている)

宇陀川沿いの景勝の地にあり、近鉄室生口大野駅方面から室生寺へ向かう際の入口に位置する。伝承では白鳳9年(681年)、役小角(役行者)によって草創され、天長元年(824年)に空海(弘法大師)が堂を建立して「慈尊院弥勒寺」と称したという。役小角は修験道の開祖とされる伝説的要素の多い人物であり、空海が堂を建立との話も創建を宗祖に仮託した伝承とされており、創建の正確な経緯は不明である。近くにある室生寺興福寺系(法相宗)の僧によって創建・整備されており、大野寺の磨崖仏造立にも興福寺の僧が関係していることから見て、興福寺と関係の深い寺院であったと考えられている。

宇陀川をはさんだ対岸にある弥勒磨崖仏は、「石仏縁起」(万治2年・1659年)や「興福寺別当次第」によれば、興福寺の僧・雅縁の発願により、承元元年(1207年)から制作が開始され、同3年に後鳥羽上皇臨席のもと開眼供養が行われたものである。

寺は明治33年(1900年)の火災で全焼した。その際、本尊をはじめとする仏像などは持ち出されたが、現存する建物はすべて火災以後のものである。

建造物編集

  • 本堂 - 本尊木造弥勒菩薩立像(秘仏)を安置する。
  • 地蔵堂

文化財編集

  • 木造地蔵菩薩立像(重要文化財) - 鎌倉時代の寄木造の像で、無実の娘を火あぶりの刑から救ったという伝説にちなみ「身代わり地蔵」と呼ばれている。
  • 弥勒磨崖仏(史跡)
    宇陀川の対岸に位置する高さ約30mの大岩壁に刻まれている。岩壁を高さ13.8mにわたって光背形に掘り窪め、その中を平滑に仕上げた上で、像高11.5メートルの弥勒仏立像を線刻で表す。前述のように、興福寺の僧・雅縁の発願により、承元元年(1207年)から制作が開始され、同3年に後鳥羽上皇臨席のもと開眼供養が行われたものである。作者は宋から来日した石工・伊行末(いぎょうまつ/いのゆきすえ)の一派と考えられている。山城国笠置山にあった弥勒の大石仏(現在は光背のみが残る)を模したものである。像の向かって左手の岩壁下方には円形の区画内に種子曼荼羅(尊勝曼荼羅)を刻む。
    石仏は岩盤からの地下水の滲出等で剥落の危険があったため、1993年から1999年にかけて保存修理工事を実施。岩表面の苔類の除去や地下水の流路を変える工事などが行われた。史跡指定名称は「大野寺石仏」。

アクセス編集

 
境内のシダレザクラ(小糸枝垂桜、樹齢300年)

外部リンク編集