大関 政増(おおせき まさます)は、江戸時代初期の大名下野国黒羽藩2代藩主。

 
大関政増
時代 江戸時代初期
生誕 天正19年(1591年
死没 元和2年5月30日1616年7月13日
改名 平治郎(幼名)[1]→政増
別名 通称:弥平次[1][2]
霊名 霊照院殿顧岑道鑑大居士
墓所 栃木県大田原市大雄寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠
下野黒羽藩
氏族 大関氏
父母 父:大関晴増、母:白河義親[1]
正室:水野重央娘・しゃむ姫
高増(長男)、増広(次男)、那須資重継室、浄法寺茂明
テンプレートを表示

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは徳川氏に対する人質として江戸に赴いた[2]。慶長10年(1605年)、叔父・大関資増から家督を譲られた[3]。慶長19年(1614年)、里見忠義改易されると、館山城の守備を務める。

同年冬からの大坂冬の陣では、徳川方に与して本多正信に属し河内国平野口を守備した[4]。翌年の大坂夏の陣では、敵の首級を97個取った。

元和2年(1616年)5月30日、死去。享年26。

脚注編集

  1. ^ a b c 『創垂可継』
  2. ^ a b 『寛政重修諸家譜』
  3. ^ 大日本史料』第12編之3 751頁
  4. ^ 『大日本史料』第12編之15 953頁

出典編集