メインメニューを開く

大関氏(おおぜきし)は、日本氏族江戸時代下野国黒羽藩主、明治維新後には子爵となった。

大関氏
家紋
おぼろづき
朧月
じゅうろっかく の だきひいらぎ
十六角の抱き
本姓 桓武平氏繁盛流大掾庶流小栗庶流[1]武蔵七党丹党流?[1]
家祖 大関高清?
種別 武家
華族子爵
出身地 常陸国小栗御厨庄大関郷?(武蔵国児玉郡大関村?[1]
主な根拠地 常陸国小栗御厨庄大関郷?(武蔵国児玉郡大関村?、下野国那須郡
著名な人物 大関高増
大関資増
大関勇仁
凡例 / Category:日本の氏族

目次

出自編集

大関氏の系図や江戸時代後期に大関増業が編纂した『創垂可継』などの家伝では、大関氏は武蔵七党丹党の末裔であり、本姓は丹治姓であるとしている。
郷土史家の蓮実長は、戦国期に大田原氏から大関高増が養嗣子として大関氏に入ったために、大関氏の系図を作為して強いて丹治姓としたと指摘している。
それとともに、『那須系図説』や『伊王野系図』を基に大関氏は常陸国小栗氏より出た平姓と考えるのが正しいと断定した。
大関氏の記載がある市町村史や概説書は、蓮実の説を踏襲している。

概要編集

具体的にその動静が知られるようになるのは南北朝時代の頃からであり、主家の元で周辺勢力との抗争を繰り返しながら着々と下野国に地盤を築いていった。戦国時代の当主大関宗増は野心家で、那須氏の内紛に乗じ独立を図ったが、かえって同じく那須七党である大田原氏大田原資清に敗れ、資清の子である大関高増を養子に迎えざるを得なくなる。大関高増の時代には大田原氏と協力しては主家である那須氏を凌ぐ勢力を築き上げ、豊臣秀吉小田原征伐には主家の那須氏を見限りいち早く参陣し、主家が改易の憂き目を見るのをよそに所領を安堵された。

高増の三男大関資増関ヶ原の戦いで東軍に付き活躍。その後黒羽藩の藩祖となり、以後幕末まで存続した。

当主編集

以降は黒羽藩を参照。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 太田亮 1934, p. 1183.
  2. ^ a b c d e f g h 『寛政重修諸家譜』
  3. ^ a b c d e f 『黒羽大関家譜』
  4. ^ a b 『大関家系』
  5. ^ 『寛永系図』

参考文献編集

  •  太田亮「大関 オホゼキ」『国立国会図書館デジタルコレクション 姓氏家系大辞典』第1巻、上田萬年三上参次監修、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1182-1185頁。全国書誌番号:47004572NCID BN05000207OCLC 673726070
  • 荒川善夫『戦国期東国の権力構造』
参考史料