メインメニューを開く

大阪府立夕陽丘図書館

図書館

大阪府立夕陽丘図書館(おおさかふりつゆうひがおかとしょかん)は、かつて存在した大阪府立図書館。住所は、大阪市天王寺区伶人町2番7号。

2011年撮影の建物

社会科学系専門図書館の大阪府立図書館天王寺分館として、1950年(昭和25年)、大原社会問題研究所跡地に設立された。1974年(昭和49年)、公共図書館に鞍替えし、大阪府立夕陽丘図書館として再開館、建物はこのとき竣工した。府立中央図書館の完成に伴い1996年(平成8年)3月31日に閉鎖された。

書籍・新聞などの通常の図書館資料の他に、特許公報などの特許に関する資料が公開されていた。

閉館後は、特許資料の収蔵閲覧施設・大阪府立特許情報センター関西特許情報センター振興会をはじめとする特許・発明関係の公的団体が入居する施設になっていたが、2011年(平成23年)3月末をもって部署の再編のため一旦建物を閉鎖、2012年(平成24年)4月以降、なにわ南府税事務所や大阪自動車税事務所[1]などが入居する「大阪府夕陽丘庁舎」となった。

脚注編集

外部リンク編集

関連項目編集