メインメニューを開く

大阪府立特許情報センター(おおさかふりつとっきょじょうほうセンター)は、かつて存在した大阪府の機関である。2012年以降の旧建物の後身である大阪府夕陽丘庁舎(おおさかふゆうひがおかちょうしゃ)についてもこの項で記述する。

大阪府夕陽丘庁舎
2011年(平成23年)撮影の建物
情報
旧名 大阪府立夕陽丘図書館
→ 大阪府立特許情報センター
用途 大阪府庁
旧用途 大阪府立図書館
大阪府立特許情報センター
設計者 大阪府営繕部、浦辺建築設計事務所(現・浦辺設計)、平田建築構造研究所
施工 竹中・米田共同企業体
建築主 大阪府
事業主体 大阪府
管理運営 大阪府
構造形式 鉄筋コンクリート構造、一部鉄骨構造
敷地面積 2,736 m²
建築面積 1,882 m²
延床面積 6,364 m²
階数 地上6階(ただし塔屋2階分を含む)、地下1階
竣工 1974年(昭和49年)5月
所在地 543-0061
旧所在地名:大阪市天王寺区伶人町21番地の1
2011年3月31日現在所在地名:大阪府大阪市天王寺区伶人町2番7号
位置 北緯34度39分19.08秒 東経135度30分48.1秒 / 北緯34.6553000度 東経135.513361度 / 34.6553000; 135.513361
特記事項 第21回大阪府建築コンクール受賞作品
テンプレートを表示

特許などの産業財産権関係資料の収集・公開を業務とした大阪府立夕陽丘図書館(1996年3月末閉館)の特許資料部門を引き継いで、同図書館の跡地(大原社会問題研究所跡地でもある)に1996年4月に設置された。特許庁認定の知的所有権センターになっていた。

センターは2010年12月31日をもって廃止されたのち、「大阪府ものづくり支援課」に改組され、部署自体は東大阪市へ、特許室は大手前合同庁舎の1号館3階へ、発明協会大阪大学中之島センター7階へそれぞれ移転した。建物は2012年4月以降、なにわ南府税事務所や大阪自動車税事務所[1]などが入居する「大阪府夕陽丘庁舎」となった。

設立・廃止時の所在地・位置編集

脚注編集

外部リンク編集