メインメニューを開く

天下無雙流(てんかむそうりゅう)とは、櫻場采女正藤原廣政が創始した捕手術の流派である。肥後国で学ばれていた。

天下無雙流
てんかむそうりゅう
捕手道具.png
天下無雙流で用いる道具
発生国 日本の旗 日本
発祥地 出羽国秋田群
発生年 天正十一年十一月二日
1583年12月15日)
創始者 櫻場采女正藤原廣政
派生流派 肥後流
主要技術 捕手(体術)、手棒、
捕具、抵(当身
伝承地 肥後国
  

目次

歴史編集

流祖は櫻場采女正藤原廣政である。

天正十一年十一月(1583年12月15日)に、出羽国秋田群日山庄にて摩利支尊天が老翁に化して現れ、数十ヶ條の捕手と無比無類兵法を櫻場采女正に伝えたことが始まりとされる。

慶長頃に、禁内裏(帝)より天下無雙流という流儀の名前を賜ったとされる。

慶長十六年(1611年)に弟子の花田九太夫が相伝した。

系譜編集

ここでは、一例として肥後系の伝書に書かれた一部の系譜を記す。

カッコ内は、相伝した日付である。

櫻場の門下には花田の他に細川三斎がいる。

  • 櫻場采女正藤原廣政
  • 花田九太夫入道宗祗藤原勝盛  (慶長十六年三月)
  • 牛島文太夫藤原有利  (寛文二年三月)
  • 井上半内藤原勝重   (延宝五年七月)
  • 丸山傳助藤原重次   (元禄七年六月)
  • 松山南無右衛門藤原光安(正徳元年七月)
  • 山代八十右衛門藤原光信(享保十六年六月)
  • 川端八和太源正武  (宝暦十二年七月)
    • 川端連太夫源正永
      • 池田壽八源正直
    • 荘林辨助藤原一高(文化三年正月)
      • 荘林覚兵衛藤原一義(天保五年十一月)
    • 大島

流派の内容編集

天下無双流は、三十五箇条の捕手術(体術)と手棒、捕縄術、捕手に用いる道具、抵(当身)からなる。

系統によって形の名前に若干の差異がみられる。

一般的に角指と呼ばれる道具は、1鋲のものを千力、2鋲のものを千人力と呼ぶ。

三拾五ヶ條捕手之次第
前引      左引
左詰      左脇詰
後廻(左右)  居痿(二手)
行合(二手)  腰痿
逆手打(左右) 小鷹返(左右)
左行合(三手) 天狗倒
杉倒      無手捕
髪搦      無関捕(三手)
相圖捕(二手) 朋ノ間 
一寸詰     五歩詰
尺八モキ(二手)鐺返
七理引     向捕
鬼ノ一口    立帰(二手)
三尺間     壁添
地摺      枕定
引分捕     居胸付
込添捕替    込添反橋
立胸付(二手)
雲流見、滞力 氣息口伝、夜幕
道具
千力、千人力、無明、虎助、大稢、縄
手棒
縄 拾五ヶ条

抵(当身)編集

 
抵目録(当身)の急所図

天下無雙流では、手数三十六ヶ所の当身技を伝えていた。抵と書く。

抵(手數 三十六ヶ所)
三向(左右) 飛龍(左右)
後林     門下(左右)
山上     亀甲(左右)
手切(左右) 膝當(左右)
毛穴(左右) 骨摧(左右)
戸細(左右) 華前
龍當(左右) 陰之抵
陽之抵
大叓之秘傳
無上     無明
成夜(左右) 指拂(左右)
陰陽搦    鬼拳
極意害
氣閇、亂鼻、無生

脚注編集


参考文献編集

  • 『武藝流派辭典』
  • 熊本県体育協会編纂 『肥後武道史』青潮社、1974年5月
  • 『天下無雙流捕手大目録』

関連項目編集