メインメニューを開く

太田原 高昭(おおたはら たかあき、1939年 - 2017年8月11日[1])は、日本農業経済学者北海道における農業経済学の第一人者の一人。農学博士北海道大学)。北海道大学名誉教授日本学術会議会員。指導教授は川村琢。門下生に佐藤信北海学園大学教授)らがいる。

目次

来歴編集

福島県会津若松市出身[2]1963年北海道大学農学部農業経済学科卒業。恵迪寮OB。1968年北海道大学大学院農学研究科農業経済学専攻博士課程修了。1968年北星学園大学経済学部経済学科講師。1971年北海道大学農学部農業経済学科助手。1977年北海道大学農学部農業経済学科助教授。1990年北海道大学農学部農業経済学科教授。1999年北海道大学農学部長。北海道大学大学院農学研究科長。2003年北海道大学停年退官。北海道大学名誉教授北海学園大学経済学部経済学科教授。北海道地域農業研究所所長。北海道庁農業担当顧問。北海道スローフード協会代表。2008年北海学園大学定年退職。北海学園大学開発研究所特別研究員。

1977年12月北海道大学農学博士。論文の題は「地域農業と農業協同組合」[3]

この他1988年~1990年に日本農業経済学会の常務理事や会長も務めた。

人物編集

専門は農業経済学や農業協同組合論。特に協同組合発展の国際比較や農業団体の組織と機能、北海道における農協合併の動静などについて研究する。また、TPPにも反対する立場に立っている[4]

受賞歴編集

JA研究賞受賞(1993年)

業績編集

  • 『地域農業と農協』(日本経済評論社、1979年初版・1982年新装版)
  • 湯沢誠編『北海道農業論』(分担執筆、日本経済評論社、1984年)
  • 今村奈良臣・永田恵十郎編『明日の農協(食糧・農業問題全集 7)』(分担執筆、農山漁村文化協会、1986年)
  • 札幌学院大学人文学部編『北海道の農業と農民』(分担執筆、札幌学院大学生活協同組合、1986年)
  • 『国際農業調整と農業保護』(農山漁村文化協会、1990年)
  • 『北海道農業の思想像』(北海道大学図書刊行会、1992年)
  • 『系統再編と農協改革』(農山漁村文化協会、1992年)
  • 出村克彦・三島徳三と共編『農業経済学への招待』(日本経済評論社、1999年)
  • 朴紅と共著『リ​ポ​ー​ト​中​国​の​農​協』​​(家​の​光​協​会、2001年)
  • 中嶋信と共編『協​同​組​合​運​動​の​エ​ト​ス​ ​:​ ​北​の​群​像』(北​海​道​協​同​組​合​通​信​社、2003年)
  • 『農協の大義(農文協ブックレット10)』(農山漁村文化協会、2014年)
  • 『新 明日の農協 : 歴史と現場から』(農山漁村文化協会、2016年)

参考文献編集