太田 素子(おおた もとこ、1948年6月17日[1] - )は、日本教育学者和光大学名誉教授

東京都豊島区生まれ[1]1972年東京学芸大学卒。1975年お茶の水女子大学大学院教育学修士課程修了。郡山女子大学助教授、共栄学園短期大学教授、湘北短期大学教授、2007年和光大学現代人間学部教授。2019年退任。

2006年、『子宝と子返し――近世農村の家族生活と子育て』』で第2回河上肇賞奨励賞受賞。同論文を改稿出版した『子宝と子返し 近世農村の家族生活と子育て』で2008年に第6回角川財団学芸賞受賞。

著書編集

  • 『江戸の親子 父親が子どもを育てた時代』中公新書 1994/吉川弘文館・読みなおす日本史 2017
  • 『子宝と子返し 近世農村の家族生活と子育て』藤原書店 2007
  • 『近世の「家」と家族 子育てをめぐる社会史』角川学芸出版・角川叢書 2011

共編著編集

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.304

参考編集