メインメニューを開く

太陽公園(たいようこうえん)は、兵庫県姫路市峰相山山麓にある屋外博物館である。世界ので作られた建造物や遺跡石像などのレプリカを多数設置した「石のエリア」と、隣接する敷地の山上に建設された山城「白鳥城」をメインとする「城のエリア」に分かれている。

概要編集

「石のエリア」の見ものは、全長2キロにおよび再現された「万里の長城」と、1000体の兵馬俑が発掘された現場を再現した兵馬俑展示館であり、そのほかの展示物も、ほとんどのものが実物大で作られており、見るものを圧倒する。

「城のエリア」は2009年平成21年)4月19日にオープン[1][2]2006年平成18年)から建造され始めたこの城はドイツ南部にある有名なノイシュヴァンシュタイン城と非常に良く似ている[3]。なお、白鳥城へのアクセスは専用のモノレール嘉穂製作所製のスロープカー[4])を利用するか徒歩で山を登ることになる。[2]。モノレール始発駅になる山麓にはレストラン、土産物店などを備えたウェルカムハウス「スワン」が在る。

公園では毎年8月10日に「火祭り」が開催されており[5]、またお水取りのような行事や花火などのイベントがある。

公園は社会福祉法人愛光社会福祉事業協会(太陽福祉グループ)によって運営され[6]、また同施設は障害者の雇用の場にもなっており、入場料等の収入は障害者への給与等に充てられている。園内には三光園、愛光園などの福祉施設が併設されている。

おもな展示物・施設編集

 
兵馬俑博物館

入場料編集

大人(高校生以上)は1名につき 1300円であり、小人(小学生及び中学生)と75歳以上の高齢者は600円となっている。20名以上の団体は割引料金の設定あり。無料駐車場あり。

営業情報編集

年中無休 AM9:00~PM5:00

アクセス編集

鉄道・バス編集

道路編集

脚注・参照編集

外部リンク編集


座標: 北緯34度53分35.9秒 東経134度37分30秒