メインメニューを開く

奥山 ひよ(おくやま ひよ、生年不詳 - 天正13年(1585年))は、戦国時代の女性。遠江国引佐郡井伊谷の領主・井伊直親の妻[1]井伊直政の母。

目次

人物編集

井伊家の親類衆である奥山朝利の娘[注釈 1]である。井伊直親との結婚後、祝田村に住む[2]永禄4年(1561年)に直政を生むが、翌永禄5年(1562年)に直親は朝比奈泰朝の襲撃を受けて殺害され、未亡人となる。その後、虎松と共に新野家に身を寄せる。天正2年(1574年)頃、井伊直虎とその母祐椿尼の計らいにより、浜松の武士・松下清景松下常慶の兄)と再婚する[3][4]

天正13年(1585年)死去。戒名は永護院殿蘭庭宗徳大姉。菩提は龍潭寺で、墓は直親の隣にある[5]

登場する作品編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 奥山親朝の娘との説もある。

出典編集

  1. ^ 梓澤 2016, p. 56.
  2. ^ 歴史と文化の研究所 2017, p. 65, 渡邊大門「井伊家当主の権限を代行した波乱の人生」.
  3. ^ 小和田 2016, pp. 192-195.
  4. ^ 井伊達夫監修 『おんな城主直虎と井伊家の歴史』 キネマ旬報社、2016年、30頁。
  5. ^ 龍潭寺境内墓所図(井伊家歴代・龍潭寺歴代住職 南渓・傑山・昊天・家臣)”. 龍潭寺. 2017年7月1日閲覧。

参考文献編集

  • 祖山法忍 『井伊家伝記』。
  • 井伊家遠州渋川村古跡事
  • 江宮隆之 『井伊直政と家康』〈学研M文庫〉、2008年。
  • 梓澤要 『城主になった女 井伊直虎』 NHK出版、2016年。
  • 小和田哲男 『井伊直虎:戦国井伊一族と東国動乱史』〈洋泉社新書〉、2016年。
  • 楠戸義昭 『女城主・井伊直虎』 PHP研究所、2016年。
  • 歴史と文化の研究所編 『井伊一族のすべて』 洋泉社、2017年。 

関連項目編集