でんでん

日本の俳優

でんでん1950年1月23日 - )は、日本俳優、元・お笑い芸人である。本名、緒方 義博(おがた よしひろ)。福岡県筑紫野市生まれ、水巻町育ち[1]アルファエージェンシー所属。

でんでん
でんでん
本名 緒方 義博(おがた よしひろ)
別名義 田所 完一
生年月日 (1950-01-23) 1950年1月23日(71歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県筑紫野市
身長 174 cm
血液型 A型
職業 俳優、元お笑い芸人
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1980年 -
配偶者 あり
事務所 アルファエージェンシー
公式サイト 所属事務所プロフィール
主な作品
テレビドラマ
コラ!なんばしよっと
あまちゃん
タクシードライバーの推理日誌
緊急取調室
おかえりモネ
映画
CURE
冷たい熱帯魚
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀助演男優賞
2011年冷たい熱帯魚
その他の賞
報知映画賞
助演男優賞
2011年『冷たい熱帯魚』
キネマ旬報ベスト・テン
助演男優賞
2011年『冷たい熱帯魚』
毎日映画コンクール
助演男優賞
2011年『冷たい熱帯魚』
テンプレートを表示

来歴編集

高校卒業後、19歳の時に渥美清に憧れ、弟子入り志願のために上京するが、本人には会えず断念[2]。しかし東京に居れば何かしらチャンスが巡って来ると信じて帰郷せず[2]、遠い親戚の人で丸井に勤めている人がいて、その人のツテで、夏場にあった丸井の就職試験を受けて、丸井に就職。丸井で4年ほど、下北沢池袋横須賀と転勤しながらサラリーマンとして働く[2]。そんな時に丸井時代の後輩が劇団ひまわりの募集広告を見せてくれたのをきっかけに、退社して劇団ひまわりに入団し、エキストラとして3か月ほど活動[2]。ひまわり退団後4年ほど、本人曰くパチンコ店や雀荘に頻繁に通うようなプータロー生活を送る[2]。しかしこのままではやはりいけないと思い立ち、28歳の頃に『金曜10時!うわさのチャンネル!!』のオーディションを受け、最終審査まで進んだものの最終結果が出る前にこの番組が終了し、この時はチャンスを逃す[2]。その後1980年、30歳の時に素人として『お笑いスター誕生!!』へ出演して8週勝ち抜き、金賞を獲得したのを機に田所 完一(たどころ かんいち)名義で芸能界デビュー[2]

お笑い芸人時代はスタンダップ・コメディ調の芸風で、「ようみんなぁー、ハッピーかい?」「(かけているサングラスをサッと外しながら)どうだい? 美しいだろぉー?」「今日はみんなにオイラのすばらしい歌を聞かせてやるぜ。」「バーイ、センキュー」などの決め台詞でピン芸人として活動。

春風亭小朝と共演した「グリーン仁丹」のCMでも人気を博した。

1981年森田芳光監督の映画の・ようなもの』で俳優に転身。

1995年ラサール石井小宮孝泰らと「星屑の会」を結成。『星屑の町』シリーズや『ある晴れた日の自衛隊』シリーズなど水谷龍二作・演出の舞台に出演。

2010年には園子温監督の映画『冷たい熱帯魚』で、表では笑顔を見せながら裏では連続殺人鬼という二面性を持った熱帯魚店経営者を演じ、芸歴31年にして初の受賞となった第36回報知映画賞を皮切りに[3]第35回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など国内の助演男優賞を次々と受賞し、高い評価を得た。

人物編集

  • 芸名は、「麻雀をしている時の様子が殻に閉じこもった感じで、雀荘の仲間に「でんでん虫」のような「緒方でんでん」と呼ばれたのが元で「でんでん」になった」のが元々の由来と語っている[2][4]。これに後付けとして「でんでん太鼓のように芸能界を打ち鳴らし、でんでん虫のように芸能界の一国一城の主になれ」という意味が込められている[2][3]
  • 村上ショージとは長年の友人である。また、前述の『金曜10時!うわさのチャンネル!!』のオーディションでただ一人合格の判定を下し、『お笑いスター誕生!!』でもネタを作ってくれたという作家・演出家の水谷龍二とはその後今でも付き合いがある[2]

受賞編集

出演編集

テレビドラマ編集

NHK編集

日本テレビ系編集

TBS系編集

フジテレビ系編集

テレビ朝日系編集

テレビ東京系編集

WOWOW編集

その他編集

配信ドラマ編集

映画編集

舞台編集

  • 『渾身愛』(1989年)
  • 『流水橋』(1992年)
  • 『星屑の町』シリーズ(1994年 - 2008年)
  • 『ある晴れた日の自衛隊』シリーズ(1994年 - 1999年)

CM編集

MV編集

  • K「桐箪笥のうた」(2017年)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2018年3月3日からの「東京藝術大学映像研究科映画専攻12期生修了制作展」(ユーロスペース)での上映を経ての公開。

出典編集

  1. ^ 広報みずまき 2019年8月10日号。
  2. ^ a b c d e f g h i j POPEYEマガジンハウス)2018年3月号 p.88-89 でんでんインタビュー
  3. ^ a b でんでん、芸歴31年初めての賞…第36回報知映画賞”. シネマ報知. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月29日閲覧。
  4. ^ 明日への言葉、でんでん(俳優)素の自分で演じる、2013年6月29日閲覧。
  5. ^ 日本アカデミー賞公式サイト“第35回日本アカデミー賞優秀賞発表!”. オリジナルの2013年5月24日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/bcSIl 2012年3月4日閲覧。 
  6. ^ 17年大河『おんな城主 直虎』新出演者14人発表 柴咲コウ父は杉本哲太、母は財前直見”. ORICON STYLE (2016年5月26日). 2016年5月27日閲覧。
  7. ^ “フジ 石原さとみ主演木10ドラマ「アンサング・シンデレラ」放送開始を延期 新型コロナ感染拡大の影響で”. スポニチ Sponichi Annex 芸能. (2020年4月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/07/kiji/20200407s00041000119000c.html 2020年4月8日閲覧。 
  8. ^ 松山ケンイチ主演「の・ようなもの のようなもの」、笑顔あふれるポスター公開”. 映画ナタリー (2015年9月12日). 2015年9月14日閲覧。
  9. ^ 渋川清彦がゲスくてクズなインディー映画監督に、「下衆の愛」2016年公開”. 映画ナタリー (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。

外部リンク編集