メインメニューを開く

女たちの課外授業』(おんなたちのかがいじゅぎょう)は、テレビ朝日系列の毎週木曜日21:00 - 21:54で、1983年昭和58年)7月14日から同年9月22日まで放送されていたテレビドラマ。全11話。

女たちの課外授業
ジャンル テレビドラマ
脚本 窪田篤人
演出 高戸晟一
出演者 京マチ子
檀ふみ
川崎敬三
酒井和歌子
紺野美沙子
藤吉久美子
広岡瞬
谷啓
鈴木ヒロミツ
ほか
オープニング 八神純子NATURALLY (ナチュラリー)
プロデューサー 大井素宏
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1983年7月14日〜1983年9月22日
放送時間 木曜日21:00〜21:54
放送枠 木曜ドラマ (テレビ朝日)
放送分 54分
回数 11

目次

概要編集

経営の危機に陥っていた「高山カルチャーセンター」では、理事長のふくらの弟分的存在の一平が事務長となって、経営の立て直しに乗り出す。高山カルチャーセンターの理事長一家とその周りの人々が織り成し展開するトラブル・ラブ・コメディー[1]

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌
(出典:[2]

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)1983年「女たちの課外授業」の項目
  2. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1983年7月22日号「完全テレビシナリオ 女たちの課外授業」
テレビ朝日 木曜21時枠
前番組 番組名 次番組
女たちの課外授業
紅い陽炎
【ここから『木曜9時の女』】