女坂(おんなざか)とは、東山七条にある智積院妙法院の間から東方向の阿弥陀ヶ峰へ延びていく坂道のことである。周辺に京都女子中学校・高等学校京都女子大学などの校舎が並ぶ。

女坂の中間部。左手側に京都女子中学・高校の校舎が見える。

概要編集

京都女子中学校・高等学校京都女子大学へと朝夕に大勢の女子生徒や学生が上り下りするため、その通学路が親しみを込めて「女坂」と呼ばれている。距離は408m 、高低差は25.41m。

入り口には「豊国廟参道」の石柱があり、豊臣秀吉の墓である豊国廟への道として使われていた。この坂道には京都女子大学行きのバス「プリンセスラインバス」が通っている。

いつから呼ばれているかは不明だが、京都女子学園の創立70周年の記念冊子に「女坂」の文字が登場している。

参考文献編集

  • 京都女子学園「京都女子學園八十年史/京都女子學園学園史編纂委員会編」1990.12,p110
  • 京都女子学園「京都女子學園百年史:心の学園――――年のあゆみ」2010.12,口絵(写真),p296,522
  • 都市生活研究プロジェクト(京都チーム)中経出版「京都ルール」2011.12,p131

関連項目編集

外部リンク編集