メインメニューを開く

女子かう生』(じょしかうせい)は、若井ケンによる日本漫画作品。双葉社の『WEBコミックアクション』にて、2013年9月27日から連載中。

女子かう生
Joshi Kausei logo.png
ジャンル コメディ
漫画
作者 若井ケン
出版社 双葉社
掲載サイト WEBコミックアクション
レーベル アクションコミックス
発表期間 2013年9月27日 -
巻数 既刊9巻(2019年6月12日現在)
アニメ
原作 若井ケン
監督 佐々木勅嘉
シリーズ構成 佐々木勅嘉
キャラクターデザイン 山本恭平
音楽 黒田賢一
アニメーション制作 アニメーションスタジオ・セブン
製作 「女子かう生」製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2019年4月 - 6月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

本作は女子高生の日常を描いたサイレント漫画であり、擬音表現はあるが吹き出しはほとんど使われず、登場人物の名前はスマートフォンの画面や名簿などに記されている[1]

登場人物編集

富戸 もも子(ふと ももこ)
声 - 立花理香[2]
第1巻の中心人物。少し開けたシャツにセーターを着込んでおり、ミニスカートにしているため太ももが目立っている。明るい奔放な性格だが、限度をわきまえている[3]
渋沢 しぶ美(しぶさわ しぶみ)
声 - 嶺内ともみ[2]
もも子の友人で、ブレザーを着こみ眼鏡をかけており、後頭部をヒビが入った髪留めで止めている。まじめな性格ではあるが、もも子の奔放で楽しげな行動に突っ込んだり結果的に参加することも多い。
第2巻以降は、もも子とともに中心人物として描かれている。
古井 まゆみ(ふるい まゆみ)
声 - 久保ユリカ[2]
もも子の友人。内気な性格で、愛嬌のある眉毛と小柄な体格が特徴。転校前の学校の制服(黒セーラー服)を着用している。もも子ほどにやや子供っぽいところがある。
第2巻以降は、もも子とともに中心人物として描かれている。

書誌情報編集

評価編集

ライターのたまごまごは、会話がわからなくても、もも子・しぶ美・まゆみの3人が親しくなった経緯がきちんと描かれていると評価している[1]

テレビアニメ編集

2019年4月から6月までTOKYO MXふたばにめ!』枠(『超可動ガール1/6』『ノブナガ先生の幼な妻』と合同)ほかにて放送された[4]。 原作のサイレント漫画としての部分をそのままに、タイトルコールなどを除き登場キャラクターに関しては明確な意味を持った文章の台詞を用いず、リアクションのみ発音する吐息や笑い声、悲鳴などを中心としたスタイルを取っている。

スタッフ編集

  • 原作 - 若井ケン[2]
  • 監督・シリーズ構成・絵コンテ・演出 - 佐々木勅嘉[2]
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 山本恭平[2]
  • プロップデザイン - 木村麻亜紗[2]
  • 美術 - NAMU ANIMATION[2]
  • 美術設定 - NANUanimation
  • 色彩設計 - 近藤直登[2]
  • 撮影監督・編集 - 堀川和人[2]
  • 音響監督 - 長崎行男[2]
  • 音響制作担当 - 荒浪和沙
  • 音響制作 - BloomZ[2]
  • 音楽 - 黒田賢一
  • 音楽制作 - アップドリーム[2]
  • プロデューサー - 桂山泰佐、戸沼志津子、大島拓、荒木洋之、伊藤大河、岩谷能宣
  • アニメーション制作 - アニメーションスタジオ・セブン[2]
  • 製作 - 「女子かう生」製作委員会

主題歌編集

「silent days」[4]
主題歌制作 - テイチク / 歌 - あま津うに

各話リスト編集

話数サブタイトル作画監督
第1話女子かう生とふともも 山本恭平
第2話女子かう生と不幸な一日
第3話女子かう生と眠気 細田沙織
第4話女子かう生とファミレス 石田圭一
第5話女子かう生とスケボー
第6話女子かう生と筋トレ 山本恭平
第7話女子かう生と曇り窓 半田大貴
第8話女子かう生と雨宿り Hwang Youngsik
第9話女子かう生と影絵
  • Hong Yumi
  • Seo Inkyoung
第10話女子かう生と髪留め Hwang Youngsik
第11話女子かう生とコタツ
第12話女子かう生と帰り道 Ham Seunghee

放送局編集

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[5]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [6] 備考
2019年4月6日 - 6月22日 土曜 23:15頃 - 23:20頃 AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / リピート放送あり
2019年4月9日 - 6月25日 火曜 0:15頃 - 0:20頃(月曜深夜) TOKYO MX 東京都
2019年4月10日 - 6月26日 水曜 0:15頃 - 0:20頃(火曜深夜) BSフジ 日本全域 BS/BS4K放送 / 『アニメギルド』枠
全局『ふたばにめ!』枠で、『超可動ガール1/6』、『ノブナガ先生の幼な妻』とセットで放送。
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[5]
配信期間 更新時間 配信サイト 備考
2019年4月8日 - 6月24日 月曜 12:00 更新 dアニメストア 第1話は無料配信
それ以降の話数は4話ごとに毎月最終月曜に更新
2019年4月9日 - 6月25日 火曜 0:00 - 0:30 ニコニコ生放送 『ふたばにめ!』枠一挙配信
火曜 0:00 更新 GYAO!
火曜 0:30 更新 ニコニコ動画
火曜 12:00 更新 バンダイチャンネル

脚注編集

  1. ^ a b 『女子かう生』第2巻 若井ケン【日刊マンガガイド】”. 宝島社 (2014年9月25日). 2018年9月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Staff/Cast”. TVアニメ『女子かう生』公式サイト. 2019年3月1日閲覧。
  3. ^ なぜ人は「制服+ふともも」に惹かれるのか 「女子かう生」富戸もも子のふとももは、若さと健康とエロスの証”. ねとらぼ. ITメディア (2016年7月11日). 2018年9月16日閲覧。
  4. ^ a b “サイレントJKアニメ「女子かう生」放送情報解禁、OPはあま津うに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年2月15日). https://natalie.mu/comic/news/320012 2019年2月15日閲覧。 
  5. ^ a b On air”. TVアニメ『女子かう生』公式サイト. 2019年3月1日閲覧。
  6. ^ テレビ放送対象地域の出典:

外部リンク編集