女流立葵杯(じょりゅうたちあおいはい)は、囲碁女流棋士による棋戦。協賛の一般財団法人温知会の運営する会津中央病院を冠する「会津中央病院・女流立葵杯」が正式名称となる。 第1回から第3回までは「会津中央病院杯・女流囲碁トーナメント戦」であったが、第4回から「女流立葵杯」になった。女流棋戦では2番目の格式となる[1]。挑戦手合の勝者は女流立葵杯のタイトル称号を得る。また5連覇により名誉女流立葵杯の資格を得る。

女流立葵杯
公式戦(女流棋戦)
正式名称 会津中央病院・女流立葵杯
旧棋戦名 会津中央病院杯・女流囲碁トーナメント戦
概要
主催 日本棋院
後援 毎日新聞社
協賛 一般財団法人温知会
協力 関西棋院福島民報社、日本棋院福島県支部連合会
優勝賞金 700万円
挑戦手合 三番勝負
棋戦形式 8名による本戦トーナメントで挑戦者決定
秒読み 5分前より
創設年 2014年
開催時期 本戦: 4-5月
挑戦手合: 6-7月
公式サイト 女流立葵杯 日本棋院
記録
現女流立葵杯 上野愛咲美(第9期)
名誉称号 藤沢里菜(名誉女流立葵杯資格)
最多優勝 藤沢里菜(6回)
最長連覇 藤沢里菜(5連覇)
テンプレートを表示

概要編集

女流立葵杯

女流囲碁トーナメント戦から棋戦名が変更されたが、回数は引き継ぐ。棋戦名は会津若松市の市花から採られた。前身の「女流囲碁トーナメント戦」は2日制の決勝一番勝負で行われていたが、女流立葵杯としては初回となる第4回は1日制の決勝三番勝負となり、第5期から挑戦手合三番勝負となった[2]。本戦は8名によるトーナメントで行われ、予選・本戦は持ち時間2時間、決勝は持ち時間各3時間。本戦残留・シード規定は女流タイトル者のみ[3]

女流囲碁トーナメント戦

青葉かおりが創設するためにプロデューサーとして奔走した[4]。2014年に創設され、本戦は8名によるトーナメントで行われ、予選・本戦の持ち時間は1時間(第5期以降2時間)、決勝の持ち時間は第2回までは5時間、第3回のみ6時間の2日制で行われた。女流棋戦としては賞金総額が最大であり[5]封じ手のある2日制の棋戦もこれが唯一であった。

歴代優勝者編集

  • △は先番
  • 第1回から第3回までは2日制決勝一番勝負
  • 第4回は1日制決勝三番勝負
  • 第5期以降は挑戦手合三番勝負
  • タイトル・段位は当時のもの
開催年 優勝 勝敗 準優勝 本戦出場棋士
第1回 2014年 藤沢里菜 1-0 奥田あや
三段△
謝依旻
女流名人
小山栄美
六段
加藤啓子
六段
万波奈穂
三段
石井茜
二段
王景怡
二段
第2回 2015年 王景怡 1-0 謝依旻
女流名人△
藤沢里菜
会津中央病院杯
桑原陽子
六段
加藤啓子
六段
鈴木歩
六段
石井茜
二段
金子真季
初段
第3回 2016年 謝依旻 1-0 青木喜久代
八段△
王景怡
会津中央病院杯
鈴木歩
七段
加藤朋子
六段
藤沢里菜
三段
金子真季
初段
稲葉かりん
初段
第4回 2017年 藤沢里菜 ○●○ 謝依旻
会津中央病院杯
向井千瑛
五段
巻幡多栄子
四段
万波奈穂
三段
奥田あや
三段
王景怡
二段
西山静佳
初段
開催年 女流立葵杯 勝敗 相手 本戦出場棋士
第5期 2018年 藤沢里菜 ●○○ 謝依旻
女流本因坊
青木喜久代
八段
吉田美香
八段
加藤啓子
六段
向井千瑛
五段
田村千明
三段
石井茜
三段
星合志保
二段
第6期 2019年 藤沢里菜 ○○ 上野愛咲美
女流棋聖
万波奈穂
扇興杯
吉田美香
八段
鈴木歩
七段
謝依旻
六段
加藤啓子
六段
星合志保
二段
岩田紗絵加
初段
第7期 2020年 藤沢里菜 ○○ 鈴木歩
女流棋聖
加藤千笑
初段
王景怡
三段
謝依旻
六段
牛栄子
二段
奥田あや
四段
上野愛咲美
女流本因坊
岩田紗絵加
初段
第8期 2021年 藤沢里菜 ○○ 上野愛咲美
女流棋聖
仲邑菫
二段
小西和子
八段
鈴木歩
七段
牛栄子
三段
加藤千笑
二段
下坂美織
三段
奥田あや
四段
第9期 2022年 上野愛咲美 ○●○ 藤沢里菜
女流立葵杯
奥田あや
四段
鈴木歩
七段
木部夏生
二段
加藤千笑
二段
牛栄子
四段
辰巳茜
三段
高雄茉莉
初段

記録編集

  • 藤沢里菜が女流棋士史上最年少で当タイトルを獲得(15歳9か月)[6]
  • また、藤沢は第4回-第8期にかけて5連覇を果たし、名誉女流立葵杯の名誉称号の資格を得た(名乗りは60歳に達するか引退時)[7]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集

女流棋戦年間
女流棋聖 女流名人 女流立葵杯 扇興杯 女流本因坊 テイケイ杯
1-2月 3月 6-7月 7月 10-11月 12月