女盗賊プーラン』(おんなとうぞくプーラン、原題:Bandit Queen)は、1994年に公開されたインド伝記映画。盗賊から政治家に転身したプーラン・デーヴィーの半生を描いており、『インド盗賊の女王プーラン・デヴィの真実』の著者マーラ・セン英語版が脚本家として参加している[1]シェーカル・カプールが監督、シーマ・ビシュワース英語版が主演を務めている。第47回カンヌ国際映画祭の監督週間部門で初上映され、エディンバラ映画祭でも上映された[2][3]第67回アカデミー賞外国語映画賞のインド映画候補に挙がったが、ノミネートはされなかった[4]

女盗賊プーラン
Bandit Queen
監督 シェーカル・カプール
脚本 マーラ・セン英語版
ランジット・カプール(ダイアログ)
製作 サンディープ・シン・ベディ
出演者 シーマ・ビシュワース英語版
ニルマル・パンディ英語版
アディティア・シュリーワースタワ英語版
音楽 ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン
ロジャー・ホワイト
撮影 アショク・メータ英語版
ジャイルズ・ナットゲンス
編集 レヌ・サルージャ英語版
製作会社 カレイドスコープ・エンターテインメント英語版
チャンネル4
配給 日本の旗 東北新社
公開 インドの旗 1994年1月26日
日本の旗 1997年10月25日
上映時間 115分
製作国 インドの旗 インド
イギリスの旗 イギリス
言語 ヒンディー語
テンプレートを表示

あらすじ編集

キャスト編集

受賞編集

ナショナル・フィルム・アワード
フィルムフェア賞

トラブル編集

プーランは映画が事実に基いていないと主張して上映禁止を求め、受け入れられない場合は劇場の外で焼身自殺すると通告した。最終的に製作会社のチャンネル4が4万ポンドを支払ったため、彼女は主張を取り下げた[5]

出典編集

  1. ^ Kotak, Ash (2011年6月13日). “Mala Sen obituary”. The Guardian. 2016年11月10日閲覧。
  2. ^ Anurag Kashyap: 'The perception of India cinema is changing'”. Digital Spy. 2018年9月14日閲覧。
  3. ^ Shekhar Kapur, exclusive interview”. Festival de Cannes. 2018年9月14日閲覧。
  4. ^ Margaret Herrick Library, Academy of Motion Picture Arts and Sciences
  5. ^ Obituaries: Mala Sen”. The Telegraph (2011年5月30日). 2011年11月28日閲覧。

参考文献編集

  • Mala Sen, India's Bandit Queen: The True Story of Phoolan Devi, London: Pandora/HarperCollins, 1993. 0-04-440888-9.
  • Karen Gabriel, "Reading Rape: Sexual Difference, Representational Excess and Narrative Containment", in Manju Jain (ed.), Narratives of Indian Cinema, New Delhi: Primus, 2009. Karen Gabriel
  • Karen Gabriel, Melodrama and the Nation: The Sexual Economies of Mainstream Bombay Cinema (1970-2000), New Delhi: Kali/ Women Unlimited, 2010.

外部リンク編集