如源

平安時代中期の天台宗の僧。藤原公季の次男。延暦寺少僧都。

如源(にょげん、貞元2年(977年) - 治安元年4月18日1021年6月1日))は平安時代中期の天台宗太政大臣藤原公季の子で、母は兵部卿有明親王の娘。三昧房と号す。

延暦寺に入り、天台座主明救の弟子となる。長保4年(1002年)に参議藤原行成を訪ね、法を問われている[1]。長保6年(1004年)5月27日[2]明救の譲りで権律師に任ぜられた[3]寛弘8年(1011年)4月27日には権少僧都に進み[3]寛仁元年12月18日(1018年1月14日)には少僧都を務めた[3]治安元年(1021年)4月18日入滅

脚注編集

  1. ^ 権記長保4年2月13日条
  2. ^ または24日。
  3. ^ a b c 僧綱補任