妙高高原温泉郷(みょうこうこうげんおんせんきょう)は、新潟県南西部に広がる妙高高原に点在する7つの温泉地の総称。

7つの温泉地とは、燕温泉関温泉赤倉温泉新赤倉温泉妙高温泉池の平温泉杉野沢温泉であるが、このうち赤倉温泉と新赤倉温泉は同じ北地獄谷を、妙高温泉と池の平温泉は同じ南地獄谷を源泉としているため、源泉で数えると5つである。

歴史編集

1980年代後半のスキーブームで各温泉地は賑わいを見ていたが、スキーブームの終焉に伴い徐々に低迷。そうした中、2011年5月に発生した土砂災害により妙高温泉源泉が埋没。石田三成の子孫が経営する妙高ホテルが破産するなどの影響が見られた[1]

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 妙高ホテル~戦国武将・石田三成の子孫の宿として知られる~”. 東京商工リサーチ. 2019年2月10日閲覧。