メインメニューを開く

学校法人奈良大学(がっこうほうじんならだいがく)は、奈良県奈良市山陵町(みささぎちょう)にある学校法人

概要編集

1925年大正14年)に薮内敬治郎が、向学精神に燃える勤労青年のために、薬師寺(奈良市西ノ京)の境内に設立した、無月謝・夜間制の南都正強中学が起源。文豪・徳富蘇峰より「心身共に正しく強く」という願いから「正強」の名を得て、常に真理を求めて「努力」することを建学の精神とし、社会に貢献する人材の育成を目的とする。以来、「正強」を学校名や法人名の一部としてきた。正強の名称を使わなかったのは、奈良大学が初めてである。2003年平成15年)、法人名を大学名に合わせ、学校法人奈良大学とした。理事長は市川良哉

沿革編集

  • 1925年大正14年) - 南都正強中学が設立される。
  • 1933年昭和 8年) - 財団法人南都正強中学となる。
  • 1951年(昭和26年) - 学校法人奈良正強高等学校となる。
  • 1954年(昭和29年) - 学校法人奈良県正強学園に改称。
  • 1967年(昭和42年) - 正強学園幼稚園が開園。
  • 1969年(昭和44年) - 学校法人正強学園に改称。奈良大学が開学。
  • 2003年平成15年) - 学校法人奈良大学に改称。

所在地・連絡先編集

外部リンク編集