孫 建(そん けん、? - 15年)は、中国前漢末期から代にかけての武将。字は子夏

事跡編集

前漢での事跡編集

姓名 孫建
時代 前漢時代 -
生没年 生年不詳 - 15年天鳳2年)
字・別号 子夏(字)
出身地 〔不詳〕
職官 護軍都尉〔前漢〕→執金吾〔前漢〕

→右将軍〔前漢〕
→左将軍兼光禄勲〔前漢〕
西域都護〔前漢〕
→強奴将軍(強弩将軍)〔前漢〕
→軽車将軍〔前漢〕→奮武将軍〔前漢〕
→立国将軍〔新〕 

爵位・号等 成武侯〔前漢〕→成新公〔新〕
陣営・所属等 哀帝平帝孺子嬰王莽
家族・一族 〔不詳〕

漢書』で王莽の「爪牙」(腹心の武人の意)と記載されている武将である。しかし、単なる王莽個人の配下にはとどまらず、前漢末期から新代にかけて、王朝を支える武の重鎮として戦績を残した。

元寿2年(紀元前1年)1月、護軍都尉孫建は執金吾に就任し、同年3月に異動させられる。同年6月、孫建は右将軍に就任し、元始2年(2年)には左将軍兼光禄勲に就任する。

元始年間に、烏孫国の昆彌(王に相当)を支援するため、西域都護孫建は、烏孫国の有力者で昆彌に反逆していた卑爰疐を襲撃して殺害した。元始5年(5年)閏月、孫建は、強奴将軍(「強弩将軍」とも)に在った際の「折衝之威」を評価され、成武侯に封じられた。

居摂年間に、王莽が遊侠・豪傑の士をことごとく殺害しようとし、西河の漕中叔という人物を指名手配したものの逮捕できずにいた。王莽は、漕中叔が孫建と親しかったことから、孫建を疑い、直に詰問を行う。しかし孫建は「漕中叔を殺すならば、代わりに私を殺してください」と言ったため、王莽もこれ以上問い詰めることができず、結局、漕中叔も発見できなかった。

居摂2年(7年)9月、東郡太守翟義が王莽打倒に蜂起すると、軽車将軍・成武侯となっていた孫建は奮武将軍に任命され、虎牙将軍王邑、強弩将軍王駿ら他の6人の将軍と共に翟義討伐に向かった。同年12月、孫建・王邑らは、圉(陳留郡)で翟義軍を殲滅し、翟義を捕えて処刑した。

新での事跡編集

始建国1年(9年)、王莽が新を創建するとともに、孫建は成新公に封じられ、立国将軍となった。これにより、甄豊、王興、王盛とともに、四将の1人となっている。

翌始建国2年(10年)11月、孫建は成帝の子、劉子輿を称する男に遭遇し、その男(武仲)を逮捕した。その翌月、匈奴単于を「降奴服于」の蔑称に改めた王莽の命により、孫建は12人の将軍を率いて、五路から匈奴を攻撃した。

天鳳2年(15年)、孫建は立国将軍の地位にあったまま死去した。

参考文献編集

  • 漢書』巻18表6外戚恩澤侯表
  • 同巻19下表7下百官公卿表下
  • 同巻84列伝54付・翟義伝
  • 同巻92列伝62遊侠伝
  • 同巻96下列伝66下西域伝下
  • 同巻99上列伝69上王莽伝上
  • 同巻99中列伝69中王莽伝中