翟義

中国の前漢時代末期の政治家、武将
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

翟 義(てき ぎ、? - 7年)は、中国前漢時代末期の政治家、武将。字は文仲豫州汝南郡上蔡県の人。父は丞相となった翟方進。兄は翟宣

事跡編集

初期の事跡編集

姓名 翟義
時代 前漢時代
生没年 生年不詳 - 7年居摂2年)
字・別号 文仲(字)
本貫・出身地等 豫州汝南郡上蔡県
職官 郎〔前漢〕→諸曹〔前漢〕

→南陽都尉〔前漢〕→行南陽太守〔前漢〕
→弘農太守〔前漢〕→河内太守〔前漢〕
青州牧〔前漢〕→東郡太守〔前漢〕
大司馬・柱天大将軍〔劉信〕 

爵位・号等 -
陣営・所属等 哀帝平帝孺子嬰劉信
家族・一族 父:翟方進 兄:翟宣

父との縁故により、翟義は若くして郎として任用された。諸曹に昇進した後、20歳にして南陽郡都尉に就任し、行南陽太守となっている。都尉に就任した翟義は、自分を年少として軽視した宛県令劉立を、罪に問うて鄧県の獄に収監している。劉立は曲陽侯と縁戚関係にあったため、その家人が曲陽侯の伝手を通して釈放を求め、丞相で父の翟方進は翟義に劉立を釈放するよう指示した。

その後、翟義は法を犯していったん免職されたが、弘農太守、河内太守、青州牧を歴任し、任地では父と同様の風貌と才能があるとして名声があり、さらに東郡太守に昇進した。

反王莽の挙兵編集

東郡太守に就任して数年後、平帝が崩御し、王莽が摂皇帝となる。翟義はこれを憎み、東郡都尉劉宇、厳郷侯劉信、劉信の弟・武平侯劉璜らと王莽討伐を画策して、居摂2年(7年)9月、王莽打倒の兵を挙げた。翟義は、劉信を天子として擁立し、自身は大司馬・柱天大将軍となったほか、蘇隆を丞相、皋丹を御史大夫としている。翟義は各郡国に檄を発し、王莽が毒酒をもって平帝を殺害したと糾弾したところ、翟義の軍が山陽郡に至るまでに10数万の勢力となった。また、これに呼応して、三輔の槐里(右扶風)では、趙明霍鴻らが蜂起し、各地を劫略しながら長安に迫っている。

翟義の反乱を知った王莽は驚き慌て、孫建王邑王駿ら7人の将軍を翟義討伐に派遣した。孫建・王邑らは、まず甾(陳定郡)で翟義軍を撃破し、劉璜を斬首している。さらに進軍して圉(陳留郡)を包囲し、翟義軍を殲滅した。翟義と劉信は包囲を脱して逃走したが、翟義は固始(汝南郡)の県境で王莽軍に捕縛され、磔刑に処せられた。劉信も、正確な時期・経過は不明だが、やはり死亡した[1]。翌居摂3年(8年)2月には、三輔の趙明・霍鴻らも討滅され、僅か数月で反王莽軍は残らず鎮圧された。

その後王莽は、翟方進やその先祖の墓を掘り起こし、その棺を焼き払った。さらに、翟義の三族・子孫に至るまで誅殺し、5種類の毒草と共に一纏めに埋葬している。

編集

  1. ^ 漢書』巻15下王子侯表下

参考文献編集

  • 漢書』巻84列伝54付・翟義伝、翟方進伝
  • 同巻15下王子侯表下
  • 同巻99上列伝69上王莽伝上