哀帝 (漢)

前漢13代

哀帝(あいてい)は、前漢の第13代皇帝元帝の孫にあたる。『漢書』哀帝紀の賛によれば、下半身に障害があったようである。

哀帝 劉欣
前漢
第13代皇帝
Dong Xian.jpg
王朝 前漢
在位期間 綏和2年4月8日 - 元寿2年6月27日
前7年5月7日 - 前1年8月15日
都城 長安
姓・諱 劉欣
諡号 孝哀皇帝
生年 河平4年(前25年
没年 元寿2年6月27日
前1年8月15日
劉康
丁姫
后妃 傅皇后中国語版
陵墓 義陵
年号 建平 : 前6年 - 前3年
太初元将 : 前5年
元寿 : 前2年 - 前1年

生涯編集

陽朔2年(前23年)、父の定陶恭王劉康が死去したため3歳で爵位を継承した。祖母の傅氏(元帝の昭儀)と生母の丁氏が孝成皇后に賄賂を贈り、18歳の時に伯父の成帝皇太子となった。綏和2年(前7年)に成帝が死去すると、孝成皇太后の後楯で19歳で即位した。

史書によれば哀帝は男色を好み、特に寵愛した董賢に惜しみなく財宝や称号を与え、元寿元年(前2年)12月には大司馬に昇進させた。さらに、董賢の妻や妹にまで特権を与えたのみならず、王閎に反対されて取りやめたものの、董賢に禅譲しようとまでも考えていた。

亡父劉康には「恭皇」の諡号を追贈し、また養母の孝成皇太后、養祖母にあたる太皇太后王氏(王政君)とは別に、実母の丁氏に帝太后、実祖母の傅氏には皇太太后の尊号を追贈している。

政治面では、王侯や一般人が所有する田地や奴婢の制限を検討したが(限田法)、反対にあって実施されなかった[1]。また任子の令を廃止するなどの改革を計画した。また、丞相を廃止し三公制へ移行し、後の新・後漢で実施された三公制の祖形を生み出している。当時は漢の命運がつきかけているという迷信(暦運)があり、(予言書)を信じた哀帝は自ら「陳聖劉太平皇帝」を称し天命を更新しようとしたが、2ヶ月で元に戻している。

哀帝は丞相である朱博王嘉を自殺させるなど臣下に対し厳しい態度で臨み、武帝宣帝の手法を採用しようとしたが、元寿2年(前1年)6月27日、25歳で死去した。嗣子がなかったため、死に臨んで皇帝璽綬を董賢に託したが、太皇太后王氏は詔を発して董賢を罷免し、璽綬も奪った。董賢はその日のうちに自殺した[2]。太皇太后は王莽を大司馬に任命し、政治の実権は王氏が再び掌握することとなった。

故事編集

男色を意味する「断袖中国語版」という語は、董賢と一緒に寝ていた哀帝が、哀帝の衣の袖の上に寝ていた董賢を起こさないようにするため衣を切って起きた、という故事に基づく。

家族編集

漢王朝系図】(編集
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太上皇
劉太公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
代王
劉喜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(前1)高祖
劉邦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
呉王
劉濞
 
斉王
劉肥
 
(前2)恵帝
劉盈
 
趙王
劉如意
 
(前3)文帝
劉恒
 
趙王
劉友
 
淮南王
劉長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉王
劉襄
 
城陽王
劉章
 
*前少帝
劉某
 
*後少帝
劉弘
 
(前4)景帝
劉啓
 
 
 
 
 
淮南王
劉安
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中山王
劉勝
 
長沙王
劉発
 
 
 
(前5)武帝
劉徹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸城侯
劉貞
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)戻太子
劉拠
 
(前6)昭帝
劉弗陵
 
昌邑王
劉髆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)悼皇
劉進
 
 
 
 
 
*昌邑王
劉賀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(前7)宣帝
劉詢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(前8)元帝
劉奭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楚王
劉囂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(前9)成帝
劉驁
 
(追)恭皇
劉康
 
中山王
劉興
 
広戚侯
劉勲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(赤眉)皇帝
劉盆子
 
 
 
 
(緑林)更始帝
劉玄
 
(後1)光武帝
劉秀
 
 
 
(前10)哀帝
劉欣
 
(前11)平帝
劉衎
 
広戚侯
劉顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後2)明帝
劉荘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*劉嬰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後3)章帝
劉炟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千乗王
劉伉
 
清河王
劉慶
 
(後4)和帝
劉肇
 
済北王
劉寿
 
(追)穆皇
劉開
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楽安王
劉寵
 
(後6)安帝
劉祜
 
(後5)殤帝
劉隆
 
*北郷侯
劉懿
 
(追)崇皇
劉翼
 
(追)元皇
劉淑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勃海王
劉鴻
 
(後7)順帝
劉保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後10)桓帝
劉志
 
(追)仁皇
劉萇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後9)質帝
劉纘
 
(後8)沖帝
劉炳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後11)霊帝
劉宏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(蜀1)昭烈帝
劉備
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*弘農王
劉辯
 
(後12)献帝
劉協
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(蜀2)後主
劉禅

后妃編集

子女編集

  • 女子(傅皇后の娘。『漢書』王莽伝上に見える)

登場作品編集

テレビドラマ

脚注編集

  1. ^ 『漢書』食貨志上および哀帝紀に見える
  2. ^ 漢書』平帝紀・佞幸伝による。『後漢書』では王閎が帯剣して董賢から璽綬を奪い、太皇太后に渡したとする